アルファタウリ・ホンダ代表、角田裕毅のF1テスト起用に「もう一度その才能を証明してくれると確信」

©株式会社サンズ

 スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのチーム代表を務めるフランツ・トストは、12月15日(火)にアブダビで行われる若手ドライバーテストで角田裕毅を起用することについて、角田が再び彼自身の持つ才能を証明すると確信していると語った。

 今年はカーリンからFIA-F2に参戦した角田。シーズン開幕前には、レッドブルの若手育成を指揮するヘルムート・マルコから『ドライバーズランキング4位』という目標を与えられていたが、角田は3勝を挙げてその目標を上回るランキング3位でシーズンを終えた。

 また角田は、11月4日にイモラで2018年型のマシンを用いてテストを行い352kmを走破。スーパーライセンスポイントの獲得も十分であり、F1参戦に必要なスーパーライセンスを発給するための条件を満たした。

2020年FIA-F2第12戦バーレーン フィーチャーレース(決勝レース1)優勝の角田裕毅(カーリン)

 トスト代表は、角田がイモラで示したパフォーマンスを評価していることが起用の決定打となったことを明かした。

「イモラで行われたテストにおいて、裕毅は習得が早く、容易にクルマに慣れて、毎ラップ一貫して改善できることを示した。だから我々は(F1アブダビGPの)レース後に彼をテストさせることを決めた」

「彼は1日クルマに乗って、良いステップを踏んでくれるだろうと思っている。今回彼はAT01をドライブすることになるので、彼のフィードバックは我々のエンジニアにとって非常に役に立つだろう」

「レッドブルのドライバープログラムが若いドライバーにこれほどの準備をさせることができたのは素晴らしいことだ。私は彼がもう一度その才能を証明してくれると確信している」

 アルファタウリ・ホンダは2021年に向けて、すでにピエール・ガスリーと契約を結んでいる。ただガスリーのチームメイトはまだ発表されておらず、その空席に収まるのは誰なのか、注目が集まっている。

2020年FIA-F2第12戦バーレーン レース後セレモニー 左からカラム・アイロット(ユニ・ヴィルトゥオーシ)、ミック・シューマッハー(プレマ・レーシング)、角田裕毅(カーリン)
アルファタウリで初のF1テストに臨んだ角田裕毅
アルファタウリで初のF1テストに臨んだ角田裕毅