清水ミチコ&光浦靖子が12月11日にエッセー同時発売!

©株式会社東京ニュース通信社

現在は不定期刊行となった雑誌「TV Bros.」で、10年以上同じページで連載をしていた清水ミチコ光浦靖子。プライベートでも大の仲良しの2人の連載をまとめた単行本、「私のテレビ日記」(清水ミチコ/著)と、「傷なめクロニクル」(光浦靖子/著)が12月11日に発売される。

「私のテレビ日記」は、家庭とテレビを行き来する日々をつづった日記エッセー。2013~20年掲載の最終回までが収録されている。「傷なめクロニクル」は、悩み相談連載「脈あり?脈なし? 傷なめクラブ」から、13年以降の厳選回を収録。どちらも独特の目線が光る1冊だ。

清水と光浦が仲良くなったのは「TV Bros.」で連載していたことがきっかけ。今から28年前の1992年から清水の連載が始まり(現在は終了)、当時大学生だった光浦はそれを読んでいたという。そして今から17年前の03年に光浦の連載がスタート(現在もデジタル定期購読サービス「TV Bros. note版」で継続中)。やがて2人の交流が始まり、過去に「TV Bros.」誌面では、平井堅も交えてフィジーへプライベート旅行に行ったことがリポート記事として掲載されたことも。

今回は、「私のテレビ日記」と「傷なめクロニクル」の両方を購方した人の中から、抽選で50人に、2人のプライベート旅行などで撮られた“秘蔵フォト”をあしらった「清水・光浦 特製2021年卓上カレンダー」をプレゼントする企画も実施される。