葉山奨之、吉谷彩子、前田公輝、田中直樹が「江戸モアゼル」で岡田結実と共演

©株式会社東京ニュース通信社

葉山奨之、吉谷彩子、前田公輝、田中直樹(ココリコ)が、岡田結実が主演し、2021年1月7日にスタートする日本テレビ系連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」(木曜午後11:59=読売テレビ制作)に出演することが分かった。

ドラマは、江戸キリエ氏による人気コミックス「江戸モアゼル」が原作。江戸時代から現代にタイムスリップした、野暮なこと、筋が通らないことを嫌い、客だろうがお大尽だろうがキッチリと言い負かす気風のいい花魁の仙夏(岡田)が、令和の東京を舞台に繰り広げるハートフルなラブコメディー。“コミュニケーション下手で、恋に奥手な令和男子”と仙夏を中心に恋の四角関係が展開されるほか、登場人物たちが抱える現代の悩みやトラブルを前に、毎回仙夏が「粋じゃないねぇ」の決めゼリフとともに、そっと背中を押して、気持ちを晴れやかにさせていく。

葉山が演じるのは、突然現れた仙夏に翻弄(ほんろう)されながらも影響を受けていく令和男子・蔵地俊輔。高校時代の同級生・春日泉美に思いを寄せ続けるが気持ちは伝えられない、コミュニケーション下手で恋に奥手でちょっぴりさえない役どころだ。

葉山は「“モアゼル”と聞いて最初は“ゴージャスなマダム”が出てくるストーリーなのだろうと思って読みましたが、まさか花魁が令和の時代にタイムスリップしてくるとは(笑)、驚きでした! 台本を読み終え、人として大切な要素を仙夏が教えてくれたのだと考えさせられ、温かい気持ちになりました」と率直な感想を話す。

さらに「僕が演じる蔵地俊輔は、あまりガツガツせず、でも自分の意志はしっかりと持っている、“今っぽい若者”という印象が強かったです。蔵地が視聴者と同じ目線、ツッコミ側なので、そこをブレずに丁寧に演じていこうと思います」と役柄と役作りについて語り、「2021年一発目のドラマ。なかなか先が見えず、大変な世の中ですが、ぜひ『江戸モアゼル』を見て少しでも笑って心が温まってもらえるよう、キャスト、スタッフ一丸となって気合を入れて取り組んでまいります。蔵地の成長も、温かく見守ってくれたらうれしいです!」とメッセージを寄せている。

また、吉谷はウェブ広告会社「バードネット」で働く春日泉美役に扮(ふん)する。憧れの会社で働くも、「もっと頑張らないと」と自分をどんどん追い込んでしまっている。今を咲き誇る生き方をしている仙夏に憧れつつ、反発もするという役どころ。高校の同級生である俊輔のことは同級生としてしか見ていなかったが、徐々にひかれ始めていく人物だ。

「これまでいろんなタイムスリップの話があったと思うんですが、江戸時代から花魁がタイムスリップして現代で恋愛をするという、今までに見たことないラブコメにとてもワクワクが止まりません」と作品への期待を口にする吉谷は、「私が演じる春日泉美も最初はその状況に少し戸惑いがありましたが、仙夏の真っすぐな言葉に心を動かされ、泉美自身の心にも変化が出てくると思います」と役柄を説明。

そして「バリバリ働く女性ならではの悩みや苦しみを一番親近感がある形で演じていければと思います。今、こんな時代だからこそ皆さんにクスッと笑えてスッキリ爽快な作品をお届けできるよう、頑張ります!」と意欲満々。

また、前田が演じるのはウェブ広告会社「バードネット」で泉美の上司で、社長の鳥居直樹。「No.1にならないと意味がない」と思っており、常に上昇志向を抱き続ける。鳥居は今までに出会ったことがないタイプの仙夏という人間が徐々に気になっていくキャラクターだ。

「台本を読み『面白かったー!』と口ずさみました」と明かす前田は、「笑えて、明日から使える名言もあって、悔いのない人生に背中を押してくれる作品です。今このドラマに参加させていただけることが、とてもうれしいです」と出演を喜ぶ。

演じる鳥居については、「個人的には関わりたくないような、高圧的なワンマン社長」と説明するが、「丁寧に役と向き合っていきたいです。僕自身が楽しめた時間を共有できるように演じさせていただきます。この物語には今、1人で悩みを抱えていたり、閉塞的になった気持ちを開放してくれるメッセージが詰まっていると思います。この作品を通して1人でも気持ちのいい人生を送っていただけますように頑張ります」と誠実に役柄と向き合っていくことを宣言。

さらに、田中が演じるのは俊輔の叔父で、俊輔や仙夏が働くカフェのオーナー蔵地雄彦。細かいことは気にしないおおらかな性格で、突然現れた仙夏を居候として受け入れることになる役柄だ

「江戸から来た花魁・仙夏がとにかく粋で格好いい! 私が演じる雄彦は、オシャレで遊び心があって寛大で、かつ柔軟性も兼ね備えていて、面倒見もいい。私が持っていない要素をすべて持っている男です」と蔵地が魅力的なキャラクターであることを伝える田中は、「江戸でも令和でも変わらない大切なものがこのドラマにはあります。たくさんの方に届けられるよう頑張りたいと思います!」と気合十分で、「個人的には出演者の中で自分が一番年上だと聞きました。なので、現場では年相応の振る舞いを見せようと思っております」と意気込んでいる。