DAZN、2021年もF1全戦配信へ。2020年をふり返るオフシーズンコンテンツも

©株式会社サンズ

 2017年シーズン以降、F1の全戦ライブ配信を実施しているDAZNが、2021年シーズンも引き続きシリーズ全ラウンドの配信を行うことが分かった。

 スポーツ専門動画配信サービスのDAZN(ダゾーン)は2016年からF1中継を開始。以後、オンボードカメラやライブタイミングをひとつの画面で見ることができる『F1 ZONE』などのオリジナルコンテンツを加えながら毎シーズン、全戦のライブ配信を行っている。

 そんなDAZNは12月11日、公式Twitterにおいてオフシーズンコンテンツのリリース予告とともに、2021年シーズンのF1全レース配信が決定した旨をアナウンスした。
 
 番組編成やFIA-F2/F3のレース配信の有無など詳細は現時点で明かされていないものの、2021年も今季と同様の形でのライブ配信が行われる見込みだ。
 
 また、アブダビGP以降のF1オフシーズン中もモータースポーツファン必見のコンテンツが多数用意されている。なかでも注目なのは、FIA-F2選手権でのランキング3位でスーパーライセンスの発給条件を満たしのに続き、F1ヤングドライバーテストにアルファタウリ・ホンダF1から参加することが決まった角田裕毅の特集となる『2020 ホンダの躍進 #7』だろう。
 
 12月20日(日)12時から配信開始となるこの番組は、レッドブルジュニアドライバーである角田の最新情報を伝えるほか、ビハインド・ザ・シーンを含むトークプログラムとなっている。
 
 同25日(金)には各グランプリを分かりやすくふり返るF1 LAB(F1ラボ)の特別編『F1 LABスペシャル #3シーズンレビュー』の配信が開始され、解説陣の独自視点でピエール・ガスリーら若手の台頭や、王者ルイス・ハミルトンの強さが際立った2020年のF1シーンをふり返っていく。

 さらにF1の70周年記念番組『RACE TO PERFECTION(日本語字幕)』や、チャンピオンを8度を獲得したMotoGPライダー、マルク・マルケスのレース人生に迫る『The Making Of:マルク・マルケス(日本語字幕) #1~3』の配信も決定。ストーブリーグとあわせてオフシーズンもモータースポーツを楽しめるプログラムが用意されている。

DAZN(ダゾーン)では2020年のF1をふり返るシーズンレビューなどのオフシーズンコンテンツの配信も行う。