「今度こそ」沖縄の具志川商業高校、来春センバツの九州地区候補に

©株式会社沖縄タイムス社

第93回選抜高校野球大会 21世紀枠9地区候補校

 日本高野連は11日、第93回選抜高校野球大会(来年3月19日から13日間・甲子園)の21世紀枠候補9校を発表し、九州地区は秋季九州大会ベスト8の具志川商業が選ばれた。

 具商は県秋季大会で初の4強入りから準優勝を果たした。九州大会は初戦で東海大熊本星翔を4-2で破り、準々決勝は準優勝した福岡大大濠に0-3で敗れた。

 出場3校は、一般選考の29校(取り扱いが決まっていない神宮大会枠1校を含む)とともに、来年1月29日の選考委員会で決まる。東日本の5地区と西日本の4地区から1校ずつ選び、残り7校から3校目を選出する。

 知内(北海道)八戸西(東北=青森)石橋(関東・東京=栃木)三島南(東海=静岡)富山北部・水橋(北信越)東播磨(近畿=兵庫)矢上(中国=島根)川之石(四国=愛媛)も選ばれた。9校は全て公立校。

 21世紀枠は2001年の第73回大会から導入。練習環境などのハンディ克服や、地域貢献など戦力以外の要素を加味し、全国9地区から1校ずつが推薦される。

 

■「チャンスもらえた」

 21世紀枠九州地区候補校に具志川商業が決まり、関係者からは「今度こそ」と期待の声が上がった。

 同校野球部の粟國陸斗主将は友人から推薦決定を伝えられ、「朝からそわそわしていたのでうれしかった」と胸をなで下ろした。

 秋季九州大会は、勝てば出場の可能性が高まる準々決勝で敗れた。連打が出ていたら勝利も見えた接戦だっただけに「もう一度チャンスをもらえた。選ばれれば具商らしい野球を見せる」と活躍を誓った。

 喜舎場正太監督も「安心したが、今後はやるべきことをして吉報を待つ。甲子園で勝てるチームをつくる」と力を込めた。

 県勢の九州地区候補は昨年の本部高に続いて2年連続。県高野連の岩崎勝久会長は「地道な努力で力を付け、九州でも素晴らしい結果を残した。宜野座以来、20年ぶりの21世紀枠出場に期待している」と語った。