29年ぶりにあのコンビが帰ってくる!「ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!」

©株式会社近代映画社

キアヌ・リーヴスの原点ともいうべきコメディー。ビルとテッドシリーズ最新作「ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!」が2020年12月18日(金)に公開されます。能天気コンビのビルとテッドの変わらぬ笑顔と友情にハッピーになれる作品。今回は、見どころと鑑賞ポイントをご紹介します!(文・斉藤博昭/デジタル編集・スクリーン編集部)

ビルとテッドとは?

能天気コンビのビルとテッドが再び電話ボックスで時空旅行へ!

ロックスターに憧れるおバカ高校生二人組…だったのは30年前。今では二人とも子持ちの中年に。『ビルとテッドの音楽が将来世界を救う』と予言されていたが、バンド“ワイルド・スタリオンズ”の人気は低迷中。二人は音楽で世界を救うことができるのか⁉

ビルとテッドは史上最強のバンドを組み音楽で世界を救うことはできるのか?

今から77分25秒以内に曲を作らなければ世界は崩壊!

キアヌ・リーヴスの原点は何か? もちろん「スピード」(1994)や「ハートブルー」(1991)といったアクション大作や、リヴァー・フェニックスと共演した「マイ・プライベート・アイダホ」(1991)を挙げる人も多いだろうが、「ビルとテッド」を推したいファンもいるはず!

現在に続くキアヌのとぼけたコメディセンスが最大限に発揮されたのが、1989年の「ビルとテッドの大冒険」。ロックスターを夢みる高校生のビルとテッドが、タイムマシンに乗って歴史上の人物と出会うという、かなり奇抜な設定。テッド役、キアヌのノリノリの怪演は、いま改めて観ても心から笑える。

2年後の続編「ビルとテッドの地獄旅行」(1991)では時空を超えるだけでなく、地獄の世界も訪れるビルとテッド。じつは彼らは、未来の世界を平和に導く音楽を作る運命を背負っていたのだ。そして202年。実に29年ぶりとなる新作では、ビルとテッドが中年になった現在も、まだ2人は世界を救う曲を書いていなかった!

シリーズ前2作では高校生だったビルとテッドも今や中年ミュージシャンに

未来から現れた女性に、「今から77分25秒以内に曲を作らなければ世界は崩壊する」と告げられたビルとテッド。彼らがタイムマシンを使って、曲を作ったであろう未来の自分たちに会いに行き、その曲をパクってこようとするのが、この最新作の物語。

今回はさらに2人それぞれの娘たちが大奮闘。最高のライヴを実現させるため、彼女たちは過去にタイムトリップし、歴史に残る一流ミュージシャンを集めてこようとする。娘たちがどんなミュージシャンと出会うのかは、観てのお楽しみ!

「エアギター」の決めポーズなどテンションが上がる瞬間がいっぱい

さまざまな時代へトリップして、その時代の有名人と出会い、さらに死後の世界である地獄も登場するので、シリーズ前2作「大冒険」と「地獄旅行」の両方の魅力をしっかりキープ。そしてビルとテッドは、未来の自分たちと遭遇することになるのだが、その外見の変化は予想の斜め上を行く爆笑モノ。

はたして何年後の彼らが名曲を完成させているのか? タイムリミットが迫るなか、当然のごとくすんなり問題が解決されることはない。「地獄旅行」でビルとテッドが出会った妻たちや死神も、さらに問題をややこしくしていくのだ。

前作「ビルとテッドの地獄旅行」に登場した“死神”も再登場

キアヌのテッド役に加え、もちろんビル役にはアレックス・ウィンターが再登板。そのほか死神役のウィリアム・サドラーや、テッドのお父さんなど前2作と同じキャストを発見する楽しみもある。

ビルとテッドの「エアギター」の決めポーズや、おなじみの会話など、シリーズのファンにはテンションが上がる瞬間がいっぱい。もちろん前2作を知らなくても、キアヌのノリノリの演技を観ているだけで幸せな気分になるし、ふつうは辻褄合わせが重要なタイムトラベルものなのに、余計なことを一切考えなくていい「ビルとテッド」の魅力を素直に満喫できるはず。

『音楽が世界を救えるか』という最後の展開に興奮マックス

何より、永遠に変わらないビルとテッドの友情にほっこりし、「音楽が世界を救えるか」というクライマックスでは、誰もが興奮マックスになっていることだろう。

注目ポイント

キアヌ独特のコメディセンスを再発見

「ビルとテッド」の他にも「バックマン家の人々」(1989)など初期はコメディも得意としていたキアヌ。そのセンスは、若い美女たちにいたぶられる「ノック・ノック」(2015)や、「トイ・ストーリー4」(2019)のデューク・カブーンの声など、ここ数年で復活してきたが、今回のテッド役で一気に爆発!

タイムマシンは電話ボックス

ビルとテッドがタイムマシンとして使うのは、シリーズでおなじみの電話ボックス。プッシュホンを押して行き先を決めるなど、アナログな使い方が笑える。「ハリー・ポッター」でも魔法省の入口だったように、電話ボックスは時空を超えるアイテムにぴったりなのかも!?

ビルの娘とキアヌの意外な関係

ビルの娘、ティアを演じるサマラ・ウィーヴィングは、ヒューゴ・ウィーヴィングの姪。キアヌとヒューゴといえば「マトリックス」3部作で共演した仲。サマラは2021年公開の「ガンズ・アキンボ」でダニエル・ラドクリフと共演するなど今後、要注目の存在だ。

Wインタビュー

キアヌ・リーヴス×アレックス・ウィンター

“全人類の心が一つになる”というテーマは今僕らに必要なことなんだ

── 前作から30年近くの年を経てビルとテッドは賢くなったと思いますか?

キアヌ・リーヴス
『もちろん!』

アレックス・ウィンター
『僕らは賢くなったと思うよ、ちょっとだけね』

キアヌ・リーヴス
『彼らには子どもがいて、お互い友情は続いている。そして人生の苦難を抱えているんだ。「全人類を一つにする」という例の曲を作ろうとしてね。でも彼らは、くたびれたオヤジじゃなく、不屈の精神は健在だよ。まさにその不屈の精神を描いたのがこの作品なんだ』

── お二人は長年の友人ですが、ケンカをしたことはありますか?

キアヌ・リーヴス
『アレックスと僕が言い合いをしたことなんてないと思うよ』

アレックス・ウィンター
『僕らが意見の相違があったことなんてあるのかな、覚えてないな。すごく変だよね。兄弟みたいな関係だよ。兄弟でもケンカはするけど、僕らの場合は、常に相手に対してすごく寛大なんだ。常に平静だ。それがスクリーンで演じている二人にも表われているんじゃないかな。二人は本当に物事に動じないんだ』

── 本作で描かれる“団結”というテーマについて。

キアヌ・リーヴス
『この映画には時代を超越したものを感じるんだ。いつの時代もああいう風に1つになるっていうのは、ちょっといいじゃないって思う。願わくば、みんながこの物語に好意的な反応をしてくれて、映画を楽しんでほしいね。この映画で描かれる“全人類の心が一つになる”というテーマは、まさに今僕らに必要なことなんだ』

シリーズ前2作をプレイバック!

ビルとテッドの大冒険(1989)

ロックスターを夢見る高校生ビルとテッドは、歴史科目の落第を避けるべく、電話ボックス型のタイムマシンで時空旅行を繰り広げる。歴史上の人物たちと出会い、大騒動を巻き起こすビルとテッドの大冒険のはじまり。

Blu-ray 2,000円+税DVD 1,500+税発売・販売元:KADOKAWA©1989 STUDIOCANAL. AllRights Reserved.

ビルとテッドの地獄旅行(1991)

キャストが再結集したシリーズ第2弾。将来ロックスターとして人類を救うはずのビルとテッドは未来の悪の権化デ・ノモロスによって命を奪われてしまう。ゴーストとなった二人が、今度は死後の世界で大冒険!

〈HDマスター・スペシャルエディション〉Blu-ray4,800円+税発売元:是空/ポニーキャニオン販売元:ポニーキャニオンBILL & TED'S BOGUS JOURNEY © 1991 OrionPictures Corporation.All Rights Reserved. /©2019 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. AllRights Reserved

「ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!」
2020年12月18日(金)公開

原題:ビルとテッドが困難に立ち向かう
アメリカ/2020年/1時間31分
配給:ファントム・フィルム
監督:ディーン・パリゾット
出演:キアヌ・リーヴス、アレックス・ウィンター、クリスティン・スカール、サマラ・ウィーヴィング
© 2020 Bill & Ted FTM, LLC. All rights reserved.