山崎賢人「あれは本当に渋谷でした」“今際の国”はこうして再現された

©株式会社アイ・シー・アイ

山崎賢人と土屋太鳳がW主演。『今際の国のアリス』(C)麻生羽呂・小学館/ROBOT

山崎賢人と土屋太鳳がW主演するNetflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』(全世界同時独占配信中、佐藤信介監督)のメイキング映像が解禁となった。

今回解禁となった映像では、アリスを演じた山崎とウサギを演じた土屋の2人が語る本作の物語と映像の魅力、そして佐藤監督や、これまで数々の作品で佐藤監督とタッグを組んでいるVFXスーパーバイザーの土井淳氏によって明かされる、“今際の国”が出来上がるまでの制作過程が映し出されている。

冒頭、監督が「まったく新しい軸を持った作品が誕生するんじゃないか」と語る通り、破格のスケールで制作された本作。特にアリスと、森永演じるチョータ、町田啓太演じるカルベの親友3人が思うようにいかない現実から逃げ出すようにして集った「渋谷」は、広大な敷地に作り出されたセットとVFXでリアルな渋谷そのものが作り出された。

セットでは渋谷駅の構内、街にある汚れまでもが全て再現されており、実際にそこで撮影をした山崎も「あれは本当に渋谷でした」、土屋も「誰もいない渋谷を見た時に、空気が動いていないというか、本当にこんなの作れるんだ」と驚くほど。佐藤組でタッグを組むことが多い美術チームとVFXチームのコンビネーションにより実現したその技術が“今際の国”の至るところに散りばめられていることがわかる。

また、劇中のある“げぇむ”に登場するクロヒョウや大量の迫ってくる水もVFXチームの技術が最大限詰め込まれており、その生み出された過程が映像と共に製作者達の声で語られている。

主演の2人が語るように、本作に登場するキャラクターそれぞれの物語、彼らが“げぇむ”に挑戦し、自分を知り他者を受け入れながら成長していく様と、我々が登場人物たちの目線で楽しむことができるドラマが本作にはある。 ※山崎賢人の「崎」は正しくは山へんに立に可。