朝鮮総連HPにウイルス

韓国籍の元学生書類送検

©一般社団法人共同通信社

 2017年に在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)のホームページにコンピューターウイルスを送り込み、閲覧者の情報を盗み取ろうとしたとして、警視庁公安部は15日、不正指令電磁的記録供用未遂の疑いで、海外に住む韓国籍の20代の元男子学生を書類送検した。北朝鮮情勢に関心を持つ日本国内の組織や団体関係者の情報収集が目的だったとみている。

 公安部によると、男は当時、韓国の大学でサイバーセキュリティーを専攻していた。

 書類送検容疑は17年4月10日、朝鮮総連のホームページにウイルスを仕込み、日本国内の閲覧者のパソコンから情報を窃取しようとした疑い。