シシド・カフカが亀梨和也主演「レッドアイズ」でクランクイン。華麗なアクションを披露!

©株式会社東京ニュース通信社

KAT-TUNの亀梨和也が主演を務め、日本テレビ系で2021年1月23日にスタートする連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(土曜午後10:00)で、伏見響介(亀梨)と共に現場で機動班として活躍する、元自衛官でシングルマザー・湊川由美子役のシシド・カフカがクランクインした。

本作は、愛する人の命を奪われた元刑事で特別捜査官・伏見と、天才的な頭脳を持った元犯罪者たちが、国内に500万台あるといわれる監視カメラを駆使した科学捜査によって、凶悪な連続殺人鬼に迫っていくスリリングなサイバークライムサスペンス。物語の舞台となるKSBC(神奈川県警捜査分析センター/全国500万台の監視カメラやNシステム、ネット解析・画像分析など日本国中から集まるビッグデータを駆使して犯罪捜査する架空の組織)で、伏見とチームを組むメンバーとして、趣里、シシド、SixTONESの松村北斗、木村祐一も出演する。

撮影初日、シシドは、伏見との鮮やかなコンビネーションで、暴漢を撃退するアクションシーンから撮影スタート。撮影に先立ち衣装合わせをした際に、プロデューサーから「アクションシーンが多いですが…」と役どころについて問われると、即答で「(運動神経は)全くダメです(笑)」と自虐気味に答えていたシシドだったが、当日は、撮影直前までアクション監督と入念にリハーサルを繰り返し、本番ではスラリとした長身を生かした、華麗でダイナミックなアクションを披露。見事に“機動班”としてリアルな存在感を放っていた。

初日を終えた、シシドは「今まで経験したことのないことにたくさん挑戦する撮影になりそうです(笑)」と、苦笑いしつつも力強く語った。