札幌市電 札駅・桑園・苗穂の3地域に早期延伸を

©テレビ北海道

札幌市が検討する市電の路線延伸について、市民団体はきょう3千人余りの署名を添え早期の実現を求める要望書を市に提出しました。要望書を提出したのは市民団体「市電を守り再配置をすすめるプロジェクト」など2団体です。要望書では現在の路線をJR札幌駅、苗穂駅、桑園駅のある3つの地域に延伸することを求めています。札幌の市電は5年前に「すすきの」と「西4丁目」を結ぶ ループ化が実現し利便性の向上から利用者の拡大が進んでいます。市民団体によると、欧米の主要国では地球温暖化対策として市街地を走る路面電車の復活や路線拡大が相次いでいるということです。