琉大研究機構とオリオンビールが協定 SDGsで共同研究連携へ

©株式会社琉球新報社

 琉球大学研究推進機構(木暮一啓機構長)とオリオンビール(早瀬京鋳社長)は11日、持続可能な開発目標(SDGs)に関する連携協定を締結した。地域社会の持続的な発展や、社会課題の解決に資する新技術の創出、人材育成に寄与することが目的。同日、西原町の琉球大学で締結式を開いた。

 協定の目的達成に向けて共同研究・共同事業などの企画立案・実施、学生インターンシップの受け入れなどを行う予定だ。

 木暮機構長は「総合大学としてさまざまな研究を行っている。研究の成果が社会に見えやすくなり、還元できる」と協定締結の成果に期待した。

 早瀬社長は「双方が持つネットワークを共有し、貧困や教育など社会的課題に取り組んでいく。琉球大学の技術革新を自社商品を通して県民や地域社会に発信していきたい」と話した。