【実録】競馬場で「お見合い」した結果

©株式会社マイナビ

何年か前の話だ。前の職場にいた同期の友人の結婚式に参加したら、同席していた他部署の部長さんから声をかけられた。

「競馬、興味ない?」

とりあえず「興味がなくて」と返答するのは面白くない女子に思えて、「行ってみたいと思っています」と食いつくことにした。

ということで次の週末、府中競馬場こと東京競馬場まで出かけることになった。指示されたとおり、府中競馬正門前駅を降り、待ち合わせ場所へ。

そこで待っていたのは部長さんと、小さい背丈の男子。どうやら甥っ子らしい。勘のいい人ならもう理解できたと思いますが。そう、なぜか競馬場で待っていたのは、カジュアルなお見合いだった。一つ補足しておくと、残念ながら見合い相手はジョッキーではない。

■図らずも「にわか競馬女子」デビュー物語

「さあ行こうか」と初めて競馬場に足を踏み入れることになった。人込みを避けて向かうのはA指定席。最上のS指定ではないものの、上から2番目のA指定席。

通路を抜けて、エリアに入ると、目の前に広がるのは緑の馬場。その景色は「清々しい」という言葉がぴったりで、こんな人工物があるのかと驚いた。とにかく広くて美しい。遠くに馬の姿が見えた。「ここどこ?日本?」って気分。

◇気になる見合いと馬券の結果

小さい背丈の男子は、かなり競馬に慣れているようで、馬券の買い方も優しく教えてくれた。少しシャイだけど、静かそうな感じ。

300円分くらい馬券を買って席に戻るとレースが始まった。

と、突然、それまで静かだった彼が立ち上がって急に「させ~」とかなんとか叫び始めた。え、何?ここ、結構アッパークラスな席じゃなかったっけ、と回りを見渡したが、やっぱり叫んでいる人はいないし、何なら、立ち上がっている人もいない。

勘が良くない人でも分かると思うが、その後、小さな背丈の男子と私が会うことはなかった。馬券が当たっていたかどうかも思い出せない。

■2回目の「にわか競馬女子」体験は?

それからしばらくして、同僚たちからナイター競馬に誘われた。「ソフトクリームがおいしいんだよ」の誘い文句につられて向かった2回目は大井競馬場。羽田空港に向かうモノレールから見える競馬場だ。

中に入ると、いきなり馬券売り場に連れていかれ、マークシートに思いついた数を記載し、馬券購入。椅子になんか座らせてもらえないどころか、耳に赤ペンを挟んで、新聞をもったおじさま方の真ん中に放り込まれた。

ファンファーレがなり、歓声があがったが、当然、レースは見えない。そうこうしている内に、ため息とともに紙が舞った。と、私が買った馬券が当たっていた!ビギナーではないけど、ビギナーズラック!仲間たちは私の掛け金の安さに嘆いていたが、勝ったという事実だけでかなりうれしい。

◇大井競馬場はなんだか迫力ある

もう何年もモノレールの上から見ていた大井競馬場も、実際に来てみると迫力がある。大井競馬場の馬場には芝生はないが、砂ぼこりを上げて走る馬は、美しくて迫力がある。

競馬って、馬の美しさを見るためのものかも、と感じてしまう。飛ぶようにして走る馬は、ごちゃごちゃしたスペースで過ごしている我々とは別世界のところにいる。おごってもらったソフトクリームにかぶりつきながら思った。

■今、「ウマジョ」が増える理由

最近、「ウマジョ」って言葉があるらしい。競馬を楽しむ女子のことらしく、競馬場では女子が楽しめるスポットやサービスも充実している。無料ドリンクやスイーツが提供されたり、女子専用スペースができたり。ピクニックが楽しめる芝生スペースもあるし、ホテルのレストランを併設する競馬場もあって、まさに「女子、いらっしゃい」状態。

特に馬好きだったわけでもない私でも、実際に競馬場を体験する前と後ではイメージが完全に変わった。馬場はとてつもなく広くて、きれいに整備されている。そんな場所をモデルのように均等がとれた、光る馬が飛ぶ。そんな光景、体験したことない。

今はコロナ禍で無観客だけど、徐々にレースは始まっている。気になる男子を誘って、本性を探るテストでもいいと思う。仕事の帰りに、仲間と食事に行くつもりでわいわい出かけるのもいいと思う。気軽に出かけられる別世界。イメージに足止めされるのはもったいないよ。

そんなこんなで、にわか女子が競馬の楽しみ方を探る新連載がスタートします。とりあえず読んでみて。

(文:いくえちゃん、イラスト:mame)