不発弾処理、22日に八重瀬町富盛で 米国製50キロ爆弾1発

©株式会社沖縄タイムス社

 八重瀬町富盛で発見された米国製50キロ爆弾1発の不発弾処理が22日午後4時半から、現地である。

 処理現場から半径166メートルが立ち入り制限区域となり、町道大名線の一部で交通規制がある。雨天決行。午後7時ごろ完了する予定。

 現地対策本部は陸上自衛隊八重瀬分屯地内に置く。避難対象世帯はない。