走裕介ニューシングルは吉幾三書下ろしの人生歌 『一期一会』令和3年2月10日発売決定

©チャンネル銀河(株)

今年でデビューから12年をが経ち、着実に実績を重ねながら年々その魅力を増し続ける走裕介が2021年2月10日に新曲を発売することが決定した。
16枚目となるシングル『一期一会』は吉幾三が書き下ろした作品で走にとっては初めての吉作品となる。

本作は走裕介初挑戦となる「人生歌」。吉幾三による人生における一期一会の出会いを描いたフォーキーでソウルフルな楽曲に仕上がっている。

吉からは「走君は船村先生の弟子で鳥羽さんの弟弟子でもあるから基本的なものがちゃんと出来ている。レコーディングでは、“一期一会”をしっかり歌っていただきました。まだまだこれから夢が広がる歌手ですので応援よろしくお願い致します」と走にエールを送った。

また、『一期一会』の発売に合わせて多くの特典も予定されており、
・コロムビアミュージックショップにて期間中購入すると、走と直接電話で話が出来る『もしもし、裕介です』
・全国の対象店舗にて予約をすると「お名前入りサイン色紙」をプレゼント
・リミスタインターネットサイン会で購入されたお客様は、ポストカードをプレゼント

等、豪華内容となっている。各種特典の詳細については以下よりご確認を。
https://columbia.jp/artist-info/hashiri/info/73149.html

走裕介『一期一会』

2021年2月10日発売

収録曲
1.一期一会
作詩/吉幾三 作曲/吉幾三 編曲/石倉重信
2.北の浮雲
作詩/秋浩二 作曲/秋浩二 編曲/蔦将包

走裕介プロフィール

本名:眞野裕之(まの ひろゆき)
生年月日:1973年(昭和48年)12月7日
血液型:A型
出身地:北海道網走市
免許:普通自動車、大型特殊、大型二種、二級小型船舶、アマチュア無線
小型移動式クレーン、けん引、玉掛、ガス溶接、アーク溶接
特技:ドラム演奏、運転全般(普通車~大型トレーラー)
趣味:ギター、料理