松重豊主演「孤独のグルメ」大みそかSPが4年連続で放送決定

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系では12月31日に、松重豊主演の大人気シリーズ「孤独のグルメ」のスペシャルドラマ「孤独のグルメ 2020大晦日スペシャル〜俺の食事に密はない、孤独の花火大作戦!〜」(午後10:00)を放送。大みそかのスペシャルは今年で4年連続となる。

本シリーズは、輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎(松重)が営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す至福の時間を描いたグルメドキュメンタリードラマ。2012年1月に深夜枠でひっそりと放送を開始すると、五郎の食べっぷりや“心の声”がシリーズを重ねるごとに話題となり、韓国や台湾など海外でも絶大な人気を誇っている。

今作の舞台は東京・埼玉・神奈川で、五郎の忙しい年末の3日間を描く。12月29日に「大みそかのシークレット打ち上げ花火大会を仕切ってほしい」という無謀な代役依頼が舞い込み、五郎は奔走。その先々で絶品ご当地グルメを堪能する。今年はどこでどんな“食べ納め”の一品を味わうのか。そして2020年のフィナーレを明るく華やかに飾ることができるのか?

そして、今作を彩る豪華ゲストも決定。五郎の親方花火師・丸山仁志を高橋克実、五郎が大みそかに仕切ることになってしまった花火イベントの主催者・森田康介を大倉孝二、森田との打ち合わせ後に飛び込んだ虎ノ門の西洋料理店・女将を渡辺真起子、秩父の花火工場に向かう途中に出会った中華料理店の女将を池津祥子、そして花火会社との打ち合わせで訪れた川崎市の焼き肉店・店長を津田寛治が演じ、物語に“味”を添える。

松重は「これまでも『密』とは無縁な食生活を送っていた井之頭五郎。でも今年はさすがにこたえたな。テイクアウトや宅配でモノローグをつぶやいてみても虚しい。試しに自炊に挑戦したらこの世の物とは思えない代物だった。極力外食を控えてきたが、大みそかついに暴走してしまう。というような彼の2020年が想像されました。今年は飲食店の皆さま受難の年、そして花火師さんたちにとっても同様。歌もいいし、お笑いもいいし、格闘技もいいけど、井之頭五郎と共に特大の花火見ながら、憂さを晴らす年越しはいかが?」とこの1年を振り返り、アピールしている。

さらに、年末年始には本シリーズ関連作を計12時間半一挙放送も展開。16年から19年に放送されたスペシャルドラマ4本とシーズン1・第1話、最新シーズン8が放送。12月30日(午前10:00)は、「孤独のグルメ2018大晦日スペシャル京都・名古屋出張編生放送でいただきます!」「孤独のグルメ2019大晦日スペシャル緊急指令!成田.福岡.釜山弾丸出張編!」と「孤独のグルメ」シーズン8・第1〜5話を、2021年1月1日(午前9:00)は「孤独のグルメ」シーズン1・第1話、「孤独のグルメ」シーズン8・第7〜12話、「孤独のグルメお正月スペシャル!〜真冬の北海道・旭川出張編〜」「孤独のグルメお正月スペシャル!〜井之頭五郎の長い一日〜」を予定している。