来年のブレイク候補の1人に浮上したライダー俳優・高橋文哉

©株式会社ジェイプレス社

俳優の高橋文哉が26日、ファースト写真集「架け橋」の発売記念オンライン取材会を行ったことを、各スポーツ紙が報じた。

高橋は昨年9月にスタートしたテレビ朝日系「仮面ライダーゼロワン」で主役・飛電或人を演じブレイク。

各紙によると、今年を「色んな仕事をさせていただき、成長できた。これからの成功につながっていく1年だった」と振り返り、今年の漢字には「成」を選んだという。

写真集の出来栄えを「342点です」と採点。「撮影がすごく楽しくて、懐かしいと思う部分もあった。僕自身も感動して、パッと浮かんだのが342点でした」と理由を説明した。

2017年6月、「男子高生ミスターコン2017」にエントリーし、同年12月に応募者1万人の中からグランプリに選ばれ芸能界入りを果たした。

元々は料理人になるのが夢で、通っていた高等専門学校の調理高等科を昨年3月に卒業。調理師免許と高校の卒業資格を取得した。

在学中だった18年4月12日に放送された日本テレビ系「得する人損する人で地上波初出演を果たしたが、ウル得マンとの料理対決で勝利を収めた。

18年7月から放送されたABEMAの恋愛リアリティショー「太陽とオオカミくんには騙されない」に出演。同年代の女性から圧倒的な支持を受けるようになったところで、「仮面ライダー」への出演となった。

「所属しているのは俳優の伊藤英明、女優の吉岡里帆らの事務所の系列。それなりにブッキング力があるので、ブレイク必至。おまけに、料理も“武器”なので、将来的に速水もこみちのように“副業”で料理を活かすことができそうだ」(芸能記者)

来年1月17日からMBSで放送されるドラマ「夢中さ、きみに。」で主要キャストをつとめる。