中国、アリババ通販に罰金

「天猫」で不当な価格操作

©一般社団法人共同通信社

 【北京共同】中国当局は30日、電子商取引(EC)最大手アリババグループの傘下企業などに対し、価格法に違反したとして罰金50万元(約800万円)を科す決定を出した。11月11日の「独身の日」に展開したセールの際、関与する通販サイト「天猫」で不当に価格を操作する行為があったとしている。

 習近平指導部が進めるインターネット大手に対する独占規制の一環とみられる。通販大手、京東集団(JDドット・コム)の傘下企業と、割引販売サイト「唯品会」の運営会社も対象となった。

 これらの企業は事前に商品の価格をつり上げ、セール時に大幅な割引をしたと見せかけるなどしたという。