首都圏の緊急事態宣言、慎重検討

週内にもコロナ対策分科会

©一般社団法人共同通信社

首相公邸を出る菅首相=3日夜

 政府は新型コロナウイルス感染症対策分科会を週内にも開き、首都圏を対象にした緊急事態宣言の発令の要否を議論する。専門家から感染状況や医療体制、宣言を出す際の具体的な地域や期間についての意見を聴取し、経済への影響も踏まえて慎重に検討する。菅義偉首相は4日に官邸で記者会見に臨む。分科会を前に政府の対応方針をどう示すのか、注目を集めそうだ。

 菅首相は3日夕、西村康稔経済再生担当相や田村憲久厚生労働相、赤羽一嘉国土交通相、加藤勝信官房長官らと公邸で面会。新型コロナを巡り、対応を協議した。

 東京都の小池百合子知事らは2日、緊急事態宣言発令の速やかな検討を要請した。

政府が首都圏の1都3県に要請した当面の対策