「ひょっこりはん」「エレキテル連合」一発屋芸人たちは今何をしている?

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)まいじつ 

時代の寵児だった〝一発屋芸人〟たちは現在、一体何をしているのだろうか。

ピン芸人・ヒロシは、2003年頃に『エンタの神様』(日本テレビ系)でブレークするも、極度のあがり症などが原因で芸能界になじめず、そのまま衰退の一歩を辿ってしまった。しかしYouTubeでソロキャンプ動画を投稿しはじめると、今や100万人以上の登録者数を誇っている。キャンプ愛好家たちからの人気を得て再ブレークのような状態だ。2020年には初のキャンプ本『ヒロシのソロキャンプ~自分で見つけるキャンプの流儀~』を出版するなど、まさに〝好きなことで生きてく〟人生となっている。

続いては、2006年頃に活躍していたピン芸人・パッション屋良。険しい顔で「んー! んー! んー! んー!」と胸筋をゴリラのように叩き、「そうだね! プロテインだね!」というフレーズでおなじみだが、なんと現在も自身のYouTubeチャンネルの動画でそれらを重用している。再生回数、チャンネル登録者数はともに切ない数字だが、ヒロシのように、なにが起こるかわからない…。

また、現在は地元沖縄で家族とともに暮らし、イベントの司会やステージパフォーマンス、またパーソナルジムのトレーナーとして家計を支えているという。

ひょっこりはんは子ども向けに特化

シュール過ぎるメークと、一度聞いたら頭から離れない「ダメよ~、ダメダメ」のフレーズで一躍有名となった女性コンビ『日本エレキテル連合』は、2014年の流行語大賞を受賞するも、その後すぐにフェードアウト。現在は、舞台へ出演しつつ、こちらもコンビのYouTubeにてネタ動画をコンスタントにアップしている。

「持ち味である独特かつコアな世界観がウケて、チャンネル登録者数は15万人超。動画には広告もしっかりつけているので、わりとユーチューバーとしての収入を期待できるのではないでしょうか」(ネットメディア編集)

第一線から退いたものの、今も芸人としてマイペースな活動を続けているのがピン芸人・ひょっこりはん。2018年に人気のピークを迎え、子どもたちから異常なまでの人気を集めていたが、ネタが一本調子なためかすぐさま露出は激減した。

「昨年結婚した一般女性の〝ひょっこりちゃん〟との間に第一子をもうけ、SNSでは日々〝デレデレ〟な様子を発信しています。どうやら子どもが好きなようで、2020年4月には外出自粛のせいで退屈している子どもたちを対象とした『ひょっこり幼稚園』という企画を立ち上げたり、『さがせ』シリーズとして幼児が見て楽しめる書籍を出版したりと、〝パパ〟な側面をフューチャーした活動を積極的に行っているようです」(芸能ライター)

平成を盛り上げてくれた芸人たちが、令和で再び輝くことを期待したい。