HiHi Jets・作間龍斗&猪狩蒼弥を恐怖が襲う! 与えられたミッションは「絶対にビビらないこと」

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系では本日1月5日に「ビビらせ邸~TRICK HOUSE」(午後11:15。一部地域で放送時間が異なる)が放送。ある豪邸「ビビらせ邸」にやってきたジャニーズJr.のHiHi Jets・作間龍斗、猪狩蒼弥、乃木坂46・田村真佑、ゆきぽよ、わちみなみ、トム・ブラウンのみちお、鈴木福の7人が、次々と繰り出させる仕掛けに“ビビらず”に過ごすゲームにチャレンジする。

腕に装着した心拍数計が常にプレーヤーたちの心拍数を計測し、平均心拍数を“30”上回ると1ダメージ、ゲーム終了までに3ダメージで失格となり、即退場処分が下されるというルール。さらに、プレーヤー7人の中には、すべての仕掛けを事前に知っている裏切り者“オオカミ”が存在する。裏切り者を見つけ出し、合間に行われる「オオカミ投票タイム」で脱落させないとさらなるピンチに陥ることになる。裏切り者がいると聞いた7人は疑心暗鬼となり、お互いを牽制し始める中、早速最初の“仕掛け”が。畳みかけるように襲ってくる数々の仕掛けには、思わずゆきぽよも「なめてたわ…」とつぶやくほどだ。

また、HiHi JetsのあるメンバーがVTRで登場。作間に関する暴露話を披露し、これには平静を装っていた作間も動揺を隠せない様子。また、みちおの家族からは、小学生時代のみちおに関する驚きのエピソードや、家族の前で起こしたとんでもない出来事まで暴露されてしまう。

この前代未聞のバラエティーに、作間は「(今日の収録は)何があるのか、どこに行くのかを分からないままだったので、ドッキリかなと思いましたし、最初、説明書が配られた時点ですでにビビってしまいました。すぐにセンサーが2回鳴ってしまって、このままではまずいと思い、トイレで心を落ち着かせました」とダメージを受けたようだが、「人の優しさも出れば、人の恐ろしさも出るので、面白くなっていると思います。自分でもオンエアが楽しみです」とコメント。

猪狩は「自分って思っていたよりビビっているんだなと。センサーを付けることによって、普段はポーカーフェイスでやりくりできたことが、正直に出てしまいました」と、隠されていた自分との出会いがあったことを明かした。

田村は「今までやったことのないような罰ゲームをたくさんやらせていただいて、楽しかったです。プレーヤーがお互いにだまし合っていて、みんながオオカミに見えてくると思います。誰がオオカミなのか考えながら一緒に見てくださるとうれしいです」、ゆきぽよは「やっとあの空間から離れられた、と一安心しました。独特な空気、緊張感、嫌な心臓のバクバク。あの空気を味わうことはこの先もうないと思うので、やっと逃れられたとホッしています(笑)。 誰がオオカミを当てるのがこのゲームの見どころです。みんな演技がうまいし、駆け引きも上手だし、自分が疑われたり、誰かを疑ったりしながら、オオカミを見抜くのが面白いポイントになってくると思います」と見どころを紹介。

わちは「今日で1年分の心臓の鼓動を使い果たしたと感じるくらいドキドキしました」と振り返り、「奇想天外なドッキリをかけられたのが怖かったです。ずっと手が震えていました。誰一人信用できなくなってしまう、トラウマになりそうなくらいドキドキな番組でした!」と興奮冷めやらぬ様子を見せた。

みちおは「いまだにドキドキしていておかしくなりそうです。今までに経験したことのないような新しいゲームで、楽しかったです」と心拍数が相当上がったようで、「途中みんな疑心暗鬼になり、でも『助け合っていこう』ってなるんだけど、結局また疑心暗鬼になったり…、ちょっとしたことで疑い出したり、で、ずっと極限状態でした。人間の本性が出てくる、よくないゲームですよ(笑)、楽しかったですけどね(笑)」と苦笑い。鈴木も「最初入った時には、どんな仕掛けでビビらせてくるのか分かっていなかったので、本当に怖かったです。自分がビビってないと思っていてもセンサーが反応してしまったり…。このゲーム、本当に面白かったです」とアピール。

参加プレイヤー全員がビビりまくる仕掛けが満載だったことを告白。果たして仕掛けにも惑わされることなく平常心を保ち続け、最後に賞金を獲得する者は現れるのか!?