国立がん研究センター隣にホテル 22年夏開業、患者ら受け入れ /柏

©株式会社千葉日報社

(仮称)柏の葉ホテル計画の完成予想イメージ(三井不動産提供)

 三井不動産と国立がん研究センターは、同センター東病院(柏市柏の葉6)で(仮称)柏の葉ホテル(146室予定)の建設に着手した。隣接する同病院と連携し、国内外のがん患者や付き添いの家族、研究者を受け入れる。開業は2022年夏の予定。

 ホテルは地上7階建て、延べ床面積約8300平方メートル。着工は昨年12月16日。同社が病院敷地の一部を賃借して建築。完成後は同社が全額出資する三井不動産ホテルマネジメントが運営する。

 同病院は国内有数のがん専門病院。国内外から毎年30万人弱の患者が来院するほか、医療従事者や研究者も訪れている。放射線治療や薬物療法など一定期間の通院治療が必要な場合もあり、近場で宿泊や滞在ができる施設が求められていたという。

 患者が付き添いの家族と一緒に過ごせる広めの客室や中長期滞在のためのキッチンを備えた客室を整備予定。同病院と連携し、緊急時の対応や治療と仕事の両立を支援する体制を計画している。

 ホテル内に高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムなどの通信環境を整備し、遠隔診療や感知装置などを導入したサービスの開発も検討している。