アウディ『A5/S5』シリーズがモデルチェンジ。エクステリアとインテリアを大幅に刷新

©株式会社サンズ

 アウディジャパンは1月7日、プレミアムミッドサイズ4ドアクーペ『A5/S5 Sportback(スポーツバック)』および2ドアクーペの『A5/S5 Coupe(クーペ)』をモデルチェンジし、1月13日より発売を開始すると発表した。

 2017年に2世代目へとフルモデルチェンジしたアウディA5/S5シリーズは、『美しさとスポーティな走りと実用性の融合』という持ち味をさらに磨き、最新のデジタル技術を投入すると同時にデザインや品質、走行性能などが大幅に向上したことにより、世界中で高い人気を誇っている。

 そんなアウディA5/S5シリーズが今回モデルチェンジをうけ、美しいボディラインはそのままにエクステリアデザインを大幅に刷新。全グレードでハニカムメッシュグリルや、往年の『アウディ・スポーツ・クワトロ』を彷彿とさせるボンネットスリット、ボディ一体型サイドスカートが装備され、さらにスポーティな外観となった。

 グレード構成も変更され、新たな“アドバンスド”は従来の“Sライン”よりもスポーティな位置づけとなり、大型フロントブレードレートやマトリクスLEDヘッドライトを標準装備。また、Sラインには『RS5』のデザイン要素を盛り込むことでさらに力強さが増している。

アウディS5クーペ/フロント
アウディS5クーペ/リヤ

 インテリアには最新のインフォテインメントシステム“MIB3”が初採用され、センタースクリーンは10.1インチのタッチパネル式にサイズアップ。操作性の向上を図ると同時に、シンプルでクリーンなコックピットデザインを実現する。

 さらにパワートレインも新しくなり、“45 TFSIクワトロ”には、2リッター直列4気筒直噴ターボエンジンに12Vマイルドハイブリッドシステム(MHEV)を搭載。これにアウディが誇るクワトロ四輪駆動システム、7速Sトロニックトランスミッションが組み合わされた。この組み合わせによりエネルギーの回生効率が高められ、惰力走行時にエンジンを完全停止するなど、燃料消費量を抑制しながらも快適なドライビングを実現するという。

 そして、アウディA5シリーズの高性能バージョンである“S5スポーツバック”および“S5クーペ”のパワートレインは、最高出力354馬力を発揮する3リッターV型6気筒ターボエンジンに、8速ティプトロニックとクワトロ四輪駆動システムが組み合わされ、そのパフォーマンスを余すことなく路面に伝えてくれる。

 またシャシーには、ダンピングコントロールSスポーツサスペンションを採用することで俊敏なハンドリング性能を実現。外観デザインでも、Sモデル専用のハニカムメッシュシングルフレームグリルや前後バンパー、エアインレット、新デザインの19インチアルミホイールなどが装備される。

 エクステリアやインテリア、そしてパワートレインまで大幅にアップデートされた新型アウディA5/S5シリーズ。消費税込みの車両価格はアウディA5/S5スポーツバックが616~926万円、アウディA5/S5クーペが643~926万円となっている。各モデルの詳細についてはアウディジャパンの公式ホームページ(https://www.audi.co.jp/jp/web/ja.html)まで。

アウディA5スポーツバック/フロント
アウディS5スポーツバック/リヤ
アウディA5クーペ“Sライン”/サイド
アウディA5スポーツバックのインテリア
アウディS5のインテリア