マンションのキッチンリフォームの予算はどのくらい?費用相場と失敗しないための注意点

©株式会社プロポライフグループ

今回は、マンションのキッチンリフォームの一般的な予算や、キッチンタイプごとの費用相場、失敗しないための注意点を紹介します。

戸建ての場合はリフォームの自由度が高いのが魅力です。費用をかけるほど、おしゃれで機能的なキッチンへ生まれ変わらせることができます。

一方で、マンションのキッチンリフォームは構造上の問題や管理規約の制約などがあります。リフォームを成功させるために、マンションならではの考え方や注意点を知っておきましょう。

キッチンをおしゃれに改装したい!という方には、リノベーションがおすすめ。LogRenoveでは、オンライン上でリノベーション相談会を実施しています。施行事例をもとに、費用目安などを専門家がご案内します。

オンライン相談に申し込む

マンションのキッチンリフォームの費用相場

マンションのキッチンリフォームの費用はグレードや機能、種類によって違いがあります。一般的なシステムキッチンにはL型、I型、対面型の3パターンです。

一般的には、費用の安価なI型を導入している家庭が多く見られます。対面型キッチンはリフォーム事例でも多く取り上げられるタイプで人気が高いものの、費用もかさむ傾向にあります。

L型

リフォーム金額の目安は、シンプルなグレードであれば65万~90万円程度、スタンダードなら75万~120万円程度、ハイグレードだと85万~130万円ほどかかります。

L型は、L字型に配置された天板で構成されたシステムキッチンです。一体感があるほか、広々とした作業スペースが確保されています。

調理がしやすく一度にたくさんの料理を作りやすいうえ、洗い物をするのにも便利です。広々としたキッチンスペースに憧れている方はリフォームを機に導入を検討してみましょう。

L型キッチンについてもっと知りたい方は以下をご覧ください

L型キッチンとは?特徴やメリット・デメリット、リフォーム費用を紹介

I型

リフォーム金額の目安は、ローコストタイプなら50万~80万円程度、スタンダードは60万~90万円程度、ハイグレードなら70万~120万円程度です。

I型キッチンは1面の壁に接した長方形の天板で構成されたキッチンです。多くのご家庭で採用されているタイプで、なじみのある方も多いのでは。作業面積は小さいものの小回りが利き、物がまとめて置けるメリットがあります。

I型キッチンについてもっと知りたい方は以下をご覧ください

【I型キッチン】の魅力|メリット・デメリットとおすすめリフォーム

対面型

リフォーム金額の目安はローコストタイプが70万~100万円程度、スタンダードが80万~130万円程度、ハイグレードなら100万~160万円前後となります。

対面型は、I型のシステムキッチンの対面に調理スペースとなるようなカウンターテーブルが追加されたタイプです。人気の高いアイランドキッチンも対面型に分類されます。

I型キッチンが一般的に壁に接しているのに対し、アイランド型は島のように独立した状態で配置されるものです。作業スペースとしてはL型と同等ですが、ダイニング側の家族と話をしながら料理しやすいメリットがあります。

対面型キッチンについてもっと詳しく知りたい方は以下をご覧ください

対面キッチンのメリットとデメリット、インテリアレイアウトを紹介

アイランドキッチンとは?メリット・デメリット、よくあるQ&Aを紹介

マンションならではのリフォームの注意点

キッチンのリフォームでは、配管設備やマンションの管理規約などを施工前に確認することが大切です。場合によっては、希望していた設備が設置できなかったり、予定の場所に設備を移動できなかったりなどの不備が生じます。

以下では、マンションならではのリフォームの注意点を紹介します。

IHクッキングヒーターに変更できない可能性も

キッチンのリフォームを機にIHクッキングヒーターの導入を希望する方は少なくありません。火事の心配がないため、お子さんのいる家庭に人気があります。

しかし、IHヒーターは、古いマンションだと電圧が足りずに導入できない場合があります。マンションの管理規約によっては許可が下りないケースも。導入をご検討されている方は、まず管理組合に問い合わせてみましょう。

設備の移動が難しい

マンションでキッチンリフォームをする場合は、設備の移動・位置変更が、戸建てよりも難しくなるケースがほとんどです。マンションには戸建てと違って共用設備があります。移動したい場所に共用設備があるとリフォームが困難になります。

さらに設備の位置変更によって配管が共用設備を通らなければならない場合、リフォーム不可となることも珍しくありません。設備の移動・位置変更を検討している方は、業者立ち会いのもとで設備の位置などを確認してもらいましょう。

管理規約の内容によってできないことがある

マンションは多くの人がひとつの建物に住む集合住宅です。専有部分はご自身の所有物であるため自由にリフォーム可能ですが、共有部分や共有設備などが緩衝する場合は管理組合の許可が必要となります。

管理規約によっては床材まで指定されているケースもあるため、契約の確認などは事前に済ませておくようにしましょう。

リフォーム時には騒音などの問題もあるため、管理組合に話を通すことは必須です。キッチンのリフォームを検討している段階で、一度組合の方に相談してみましょう。

戸建てと比べて価格が割高になるケースも

マンションのキッチンリフォームは戸建てと違ってさまざまな制約がかかります。独自の管理規約があればそれに従って工事を進める必要もあります。排気ダクトや排水設備などは自由に移動できないため、配管を通すのが複雑になればそれだけ工期が長引くことも。

戸建てと比べてマンションのリフォームは難しい部分が多く、価格が割高になることもあります。リフォームをする前には必ず業者に立ち会ってもらい、具体的な見積もりを出してもらうようにしましょう。

そのタイミングで、どうしてその金額になったのかを質問しておけば、料金に関するトラブルを未然に防ぐことにもつながります。

キッチンのリノベーションを相談する

マンションのキッチンリフォームで失敗しないためのポイント

注意すべき点や制約が多いため、自由度が低めなマンションのキッチンリフォーム。できる限り理想に近い憧れのキッチンを導入するためには、事前にしっかりと計画を立てることが必要です。

さらに、信頼できるリフォーム会社を選び、効率よくキッチンリフォームを進めていくことも求められます。ここではマンションのキッチンリフォームで失敗しないためのポイントを紹介します。

限られたスペースであることを考慮したうえでレイアウトを検討する

マンションにおけるキッチンリフォームは、限られたスペース内で行います。まずは現在の台所のサイズを確認しましょう。

さらに考える必要があるのが、生活動線。リビングやダイニングへの行き来がしやすいか、アイランド型にするならば全体を見渡せるような場所に設置できるのか、住居全体の雰囲気と求めているキッチンは本当にバランスが取れているのかなどを考えていきましょう。

さまざまなことを考慮したうえでレイアウトを検討したら、リフォーム会社とも話を詰めていきます。

キッチンレイアウトの相談をする

リフォーム会社の選び方を工夫する

キッチンリフォームをするうえで重要なポイントのひとつが、リフォーム会社選びです。費用面でいうと、業者によって提案してくる金額がかなり変わってきます。まずは相見積もりをとって、少しでも費用を抑えることを意識しましょう。

相見積もりをとるなかで、担当者の人となりもチェック項目となります。こちらの希望を親身になって聞いてくれて、限りあるスペース内でもなるべく実現に向けて提案してくれるような担当者であれば、安心して依頼できます。

業者側の意見ばかりを押し付け、高額な見積もりを出してくる場合は注意が必要です。ほかにもおすすめなのが地元密着型で長く続けている業者です。地域での実績の有無はネット等で確認できるため、近隣にリフォーム会社がないか調べてみましょう。

マンションリフォームに強い業者を選ぶ

戸建てのリフォームと違ってマンションリフォームにはさまざまな制約があります。工事自体も慎重に行わなくてはいけません。マンションリフォームに強い業者であれば、制約の強い状況にも慣れています。マンションのキッチンならではのリフォーム案を提案してくれるはずです。

マンションのリフォーム・リノベーションならおまかせください!

LogRenoveに相談する

水回りが得意な会社を選ぶ

水回りの設備を設置するのに慣れていない業者は給水管・排水管の仕上げがつたない場合があります。実際にリフォーム後に水漏れでトラブルになるケースも少なくありません。

キッチンだけでなく、トイレや浴室などさまざまな水回りのリフォームを取り扱っている業者であれば、水漏れや水圧低下などのリスクが大幅に少なくなります。

電気やガスの容量を考慮して計画を立てる

キッチンリフォームの工事内容によっては施工した設備にあわせて電圧を上げるケースがあります。その際は管理組合へ事前に許可を取らなければいけません。

キッチンは電気やガスをとても多く使う場所です。料理の途中で止まってしまうことがないように、電気・ガスの容量を考慮してキッチンリフォームの計画を立てていきましょう。