関西3知事、緊急宣言要請で合意

医療提供の逼迫など踏まえ

©一般社団法人共同通信社

京都府の西脇隆俊知事(画面左下)、兵庫県の井戸敏三知事(画面上)とオンラインで会談する大阪府の吉村洋文知事=9日午前、大阪市

 京都、大阪、兵庫3府県の知事は9日、新型コロナウイルス感染症の対応を巡ってオンライン会談し、医療提供体制の逼迫状況などを踏まえ、特別措置法に基づく緊急事態宣言の再発令を政府に要請することで合意した。午後、西村康稔経済再生担当相に伝える。

 大阪府の吉村洋文知事は会談で、「危機感を持って対応しなければならない。足並みをそろえ、一体となって国に要請すべきだ」と強調した。

 兵庫県の井戸敏三知事は「対象とする業態やエリアは地域の実情に応じて対応が必要」と指摘。京都府の西脇隆俊知事も「春先と違って要請の効果には知見が出ている。柔軟に対応できるようにすべき」と訴えた。