米下院、トランプ氏の弾劾決議案を12日にも投票 民主幹部が見通し

©BBCグローバルニュースジャパン株式会社

米連邦議会の議事堂をドナルド・トランプ大統領の支持者らが襲撃した事件を受け、議会下院は12日にもトランプ氏の弾劾決議案を投票にかける見通しだ。民主党幹部が10日、語った。

下院民主党は、議事堂襲撃事件の際のトランプ氏の言動が「反乱の扇動」にあたると主張する見込み。

民主党のジェイムズ・クライバーン下院院内幹事は10日、「対応を取るのは火曜日(12日)か水曜日だろう」、「今週には対応すると思う」と米CNNに語った。

一方で、残り10日となったトランプ氏の任期中に、下院で弾劾決議を可決して上院で弾劾裁判を開くのは現実的ではないとの見解を示した。

民主党は、ジョー・バイデン次期大統領の大統領就任から100日間は、上院に弾劾裁判の開催を求めない可能性がある。

クライバーン氏は、「バイデン次期大統領に、自らの政策をスタートさせるのに必要な100日間の時間を与えようではないか」と述べた。

実際にそうなると、バイデン氏は新閣僚の承認や、新型コロナウイルスへの対応など、重要な政治行動にすぐに取り掛かることができる。反対に上院で弾劾裁判の手続きが始まると、これらは後回しにされる。

共和党内でも辞任要求高まる

死者5人が出た議事堂襲撃事件に関し、トランプ氏の責任を問う声は、民主党だけでなく共和党でも高まっている。

だが、共和党の上院議員には、弾劾裁判でトランプ氏に有罪票を投じると表明している人はいない。

そうした中、共和党のパット・トゥーミー上院議員(ペンシルヴェニア州)は10日、米NBCの番組で、「大統領が早急に辞任して去るのが国にとって最善」と発言。同党でトランプ氏の辞任を求めた2人目の上院議員となった。

トゥーミー氏は、「そうなる可能性は低いだろうが、それが最善だと思う」と述べた。

トランプ氏の辞任を最初に求めた共和党上院議員は、リサ・マーコウスキ氏(アラスカ州)。一方、同党のベン・サス議員(ネブラスカ州)は、下院でトランプ氏の弾劾決議が可決されれば、弾劾について検討すると表明している。

トランプ氏は声明出さず

トランプ氏は、8日にツイッターなどのソーシャルメディアの利用を禁止されてから、公の声明を出していない。

ホワイトハウスは弾劾をめぐる動きについて、「政治的な動機に基づくもの」であり、「私たちの偉大な国にさらなる分断をもたらすだけだ」として非難している。

今後もし下院で弾劾決議が可決されれば、トランプ氏は任期中に2度にわたって弾劾決議を受けた初の大統領となる。

民主党はマイク・ペンス副大統領に、憲法修正第25条を適用し、ペンス氏が大統領の代行となるよう要求している。

しかし、ペンス氏がこれに応じる様子は見られず、実現する可能性は極めて低いと考えられている。

ただ、ペンス氏は20日の大統領就任式への出席予定を明らかにするなど、トランプ氏と距離を置きつつあるように見える。トランプ氏は就任式には出席しない意向を表明している。

ホワイトハウスは10日、トランプ氏が12日にテキサス州を訪れ、メキシコ国境に建設した壁を視察する予定だと発表した。自らの政権の事業を強調する狙いがあるとみられる。

シュワルツェネッガー氏も

共和党の元カリフォルニア州知事で、俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー氏も、トランプ氏を厳しく批判。10日に

で、議会襲撃事件をナチスドイツによる「水晶の夜」事件(1938年)になぞらえ、トランプ氏を「過去最悪の大統領」と呼んだ。

襲撃事件をめぐって当局による捜査が続く中、ヴァージニア州とワシントン州の警察当局は、襲撃につながったトランプ氏支持の集会に参加したとされる非番の警官らを休職処分にした。

ロイター通信によると、フロリダ州とニューヨーク市の消防当局も、議事堂への乱入が起きた際に職員が現場にいた可能性があるとしている。

(英語記事 Democrats ready for Trump impeachment after riot

この記事はいかがでしたか?