女子フットサル アレ予選敗退 北谷中は4位 フットサル全日本U15

©株式会社琉球新報社

 女子フットサルの第11回全日本U15選手権は10日、三重県営サンアリーナで開幕した。九州代表のcasa okinawa ale(カーサ・オキナワ・アレ)は第1節でAICシーガル広島レディースに0―5で敗れたが、第2節でFCゼブラレディース岩手に12―2で勝利した。予選リーグ1勝1敗でグループAで2位となり、決勝ラウンド進出を逃した。

 決勝は各グループ1位に加え、同2位の成績最上位チームが進出する。アレは第2節で大量得点したものの、得失点差で惜しくも及ばなかった。

 同会場での第26回全日本U15選手権第2日は、予選リーグ1次ラウンドの第3節が行われた。北谷中はエフスリーU15(新潟県)に1―0で勝利した。グループCで1勝2敗となり、得失点差で4位に終わった。

 【男子】
▽1次ラウンドグループC
北谷中 1―0 エフスリーU15(新潟県)
▽得点者 【北】新城守琉
▽同最終成績 (1)ブリンカールFC(愛知県)3勝(2)エフスリーU15(新潟県)1勝2敗(3)アスルクラロ函館U15(北海道)1勝2敗(4)北谷中1勝2敗
(2~4位は得失点差による)

 【女子】
▽1次ラウンドグループA
AICシーガル広島レディース 5―0 casa okinawa ale
▽得点者 【シ】打田2、樋口、板村、松本
casa okinawa ale 12―2 FCゼブラレディース岩手
▽得点者 【カ】平良夢華4、宇保ひなの、上原瑠夏3、塩川心琴、與那覇花菜、塩川心春【ゼ】伊東、生形
▽同最終成績 (1)AICシーガル広島レディース2勝(2)casa okinawa ale1勝1敗(3)FCゼブラレディース岩手2敗