“イケナイ三角関係” Jカップグラドル・叶夢 最新作は「私と旦那さんと僕が主役」

©株式会社フィールドキャスター

元パン屋で、元セクシー女優の叶夢(かのう・ゆめ) ※T160、B99(J)、W64、H98 7枚目となるグラビア作品を発売し、記念イベントを行った。 真っ赤なラバー素材の水着に、スケスケエプロンで登場! 「今作の様に人妻感を意識した」と、自慢のJカップボディでを記者たちに惑わした。 キュートな声と、口からぺろっと舌を出す表情がたまならく可愛い。 昨年9月、都内と千葉で撮影されたという本作。 タイトルは『隣の巨乳お姉さんが暇すぎてボクを誘惑してくるからその熟れた女体と思う存分愛し合った夏の夕暮れ』 とても長く、聞くだけでドキドキしてしまう… ロケ先は「古い家で蚊がすごく、まだ残暑が残る中だったので、結構蚊との戦いで刺された」そう。 内容を紹介してもらうと「今回は私は田舎の娘の役で、旦那さんと平凡に暮らしている妻。普段は可愛らしい地味目な洋服で過ごしているが、その反動か何かで、暇を持て余した結果こう(大胆)なった」とアピール。 印象に残っているシーンは「タイトルにもあるが“僕”。私と旦那さんと僕の3人がいる設定。その僕が私と旦那さんがイチャイチャしているところを覗き見している様な場面がある。要は視聴者が“僕”で弟。彼が覗き見しているような感覚で楽しめる。そんなシーンが何個かあるのでおすすめ」と紹介。 除かれた叶夫婦は、どんな反応を示すのか…? かなり刺激的な要素が詰まっているのだろう。 1番セクシーなシーンを問われると「ラスト。私と旦那と弟が3人でイチャイチャしている。照明も激しめなので1番セクシー」と説明。 よりイケナイ展開を想像してしまう(笑) コロナ禍でスタートした新年。彼女もこれまでとは違い、活動に制限がかかるだろう。でも「こう言ったご時世なのでどうなるかわからないけど、制限がある中でできることをやっ血期待。デジタル写真集なんかもこの」と意気込んだ。 デジタル写真集の発売も決まり、雑誌の『タブー』にも掲載。 撮影会なども進んでやっていくという、Jカップお姉さんに期待したい。