MotoGP:2021年最初のセパンテストが中止に。マレーシアの非常事態宣言発令が影響

©株式会社サンズ

 1月12日、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)、IRTA(国際ロードレーシングチーム連盟)、ドルナスポーツは、新型コロナウイルスの蔓延によりマレーシアで非常事態宣言が発令されたことを理由に2月中旬にマレーシアで行われる予定だったMotoGPのセパンテストを中止すると発表した。

 2021年のMotoGPシーズンに先立って開催されるプレシーズンテストの暫定スケジュールは11月6日に発表されており、Moto2クラスとMoto3クラスは3月16~18日にヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトでヘレステストのみ実施される予定だ。

2020年2月に行われたセパンテスト:中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)

 最高峰のMotoGPクラスはマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで2月14~16日に行われるシェイクダウンテスト、2月19~21日のセパンテストが今季初の走行となり、シーズンイン前の最後のテストは開幕戦の2週前の3月10~12日にロサイル・インターナショナル・サーキットでカタールテストが行われる予定だった。

 しかし、このうちマレーシアでMotoGPクラスのライダーが参加する予定だった2月14日からのシェイクダウンテストと19日からのオフィシャルテストがマレーシアのロックダウンの影響により中止されることとなった。

 現時点では開幕戦カタールGPの開催地で予定される3月10~12日からのオフィシャルテストは、計画通りに開催される予定だ。また、テストの追加などの情報は明かされていないが、スケジュールの変更が決定され次第発表される。

2020年2月に行われたセパンテスト:バレンティーノ・ロッシ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)
2020年2月に行われたセパンテスト:シルバン・ギュントーリ(チーム・スズキ・エクスター)