哀川翔が映画「トラック野郎」へリスペクトを込めて歌った『一番星ブルース』1/29(金)配信リリース決定

©チャンネル銀河(株)

哀川翔が自身主演の映画「新 デコトラのシュウ 鷲」(2021年2月19日(金)全国公開)の主題歌で自身歌唱による『一番星ブルース』を2021年1月29日(金)に配信限定でリリースすることが決定した。

『一番星ブルース』は1970年代に公開された映画「トラック野郎」シリーズに出演していた 菅原文太氏・愛川欽也氏の歌唱によって同映画の主題歌として使用され、大ヒットを記録した楽曲。
今回、「デコトラの鷲」シリーズ12年振りの新作「新 デコトラのシュウ 鷲」でも主題歌として起用され、デコトラドライバー役の哀川翔によって令和の時代に蘇ることとなった。

映画「トラック野郎」へのリスペクトを込め、「自分独自の一番星ブルースが歌えなければ、意味がない」とストイックに歌に向きあった哀川は「まさか自分が『一番星ブルース』を歌える日が来るとは思いませんでした。この映画の撮影を続けてきて、この名曲を歌えるのは本当に光栄です」と語った。

哀川翔『一番星ブルース』

2021年1月29日(金)、各音楽配信サイトにて配信スタート

映画「新 デコトラのシュウ 鷲」

平成15年から20年までに5作品が公開され人気を集めた哀川翔主演『デコトラの鷲(シュウ)』シリーズ。
12年ぶりに、シリーズ6作目として『新 デコトラのシュウ 鷲』が、2021年2月19日(金) イオンシネマ板橋他全国で劇場公開。
義理人情に厚く一目惚れした美女を助けるために奮闘するトラック運転手・鷲一郎(しゅういちろう)を演じる、哀川 翔、今回のマドンナ役である演歌歌手・すずめには剛力彩芽。
他にはBOYS AND MENリーダー水野勝、新羅慎二(若旦那)、勝俣州和、第1作からレギュラー出演の柳沢慎吾らが出演。

「新 デコトラのシュウ 鷲」公式WEBサイト:https://new-dekotoramovie.com