エトーが答える「モウリーニョとグアルディオラ、どっちがいい?」

©株式会社コリー

世界最高峰のサッカー指導者として知られるジョゼップ・グアルディオラとジョゼ・モウリーニョ。現在プレミアリーグで鎬を削っている。

その両者の下でプレーした経験がある選手の1人が、カメルーン代表としてプレーしていたサミュエル・エトー。

バルセロナではグアルディオラ氏の下で、そしてインテルではジョゼ・モウリーニョ氏の下で多くのタイトルを獲得し、両者の黄金期を間近で見ていた存在だ。

【動画】2010年のチャンピオンズリーグを制したインテルwithモウリーニョ!

『Sportsbible』のインタビューに応えたエトーは以下のように話し、この両監督をこう比較したとのこと。

サミュエル・エトー

「(グアルディオラかモウリーニョか、どちらがより好み?)

それは何よりもスタイルの問題だね。誰もが独自のスタイルを持っているものだ。

私はジョゼ・モウリーニョのほうが好ましいが、グアルディオラもトップレベルのコーチなので、1人を選ぶことはできない。単にどっちが好きかという話になるね。

自分にとっては、モウリーニョのような人は他にいない。コーチとして彼ほど選手をやる気にさせてくれる人はいないんだ。

今では彼よりももっと重要なコーチや監督はいるが、モウリーニョのようなスタイルを真似することは誰もできないと思う。選手として、彼ほど多くのものを学べた監督はいない。

自分にとっては、ジョゼとともに獲得したトレブル(三冠)は『スペシャル・ワン』だね」

どちらかといえばモウリーニョのほうが好み…だという。その理由はモチベーションのあげ方だそうで、エトーにとってはそのほうが体に合っていたようだ。