ポルシェ、ボクスター誕生25周年を祝うアニバーサリーモデル“25イヤーズ”の予約受注開始

©株式会社サンズ

 ポルシェジャパンは1月13日、ボクスターファミリーのデビュー25周年を祝うスペシャルアニバーサリーモデルとして、全世界1250台限定販売となる『ポルシェ・ボクスター25イヤーズ(Boxster 25 Years)』の予約受注を同日より全国のポルシェ正規販売店で開始すると発表した。

 世界1250台限定のこの特別なボクスターは、1993年に登場した『ボクスター コンセプトカー』に敬意を表すリミテッドモデルだ。ベース車は最高出力400psを発揮する4.0リットル水平対向6気筒エンジンを搭載する第4世代の『718ボクスターGTS 4.0』で、前述のコンセプトカーから数多くのデザイン特徴を引き継いでいる。

 なかでも、もっとも印象的な特徴のひとつがポルシェによって再解釈された“ネオジム”カラーだ。これは銅のようにきらめく茶色で、93年のデトロイトモーターショーに登場したボクスター コンセプトカーがまとった“GTシルバー・メタリック”に刺激的なコントラストを生み出したもの。

 今回発売されるスペシャルモデルでは、フロントエプロンをはじめ、モノバー付サイドエアインテーク、レタリング、ツートンカラーの20インチ軽合金製ホイールにこのカラーが採用される。

 なお、ボクスター25イヤーズの標準色はGTシルバー・メタリックだが、オプションでジェットブラックメタリックと、キャララホワイトメタリックを選択することも可能だという。

 この他、エクスクルーシブ・デザインによる『Porsche』のロゴが際立つフューエルフィラーキャップがもうひとつの特徴的なエレメントとなっており、スポーツエキゾーストシステムのハイグロス・テールパイプと同様に、アルミニウムルックが輝きを放つ。また、フロントウインドウサラウンドはコントラストカラーのブラックで仕上げられた。

 インテリアはボルドーレッドのレザーインテリアと、レッドのファブリック・コンバーチブルトップを組み合わせることで、歴史的なオリジナルモデルのスタイルを踏襲。コンバーチブルトップには“Boxster 25”ロゴが、ブラックでエンボス加工された。
 
 装備面ではアルミニウム・インテリア・パッケージ、14way電動調節機能付スポーツシート、“Boxster 25”ロゴが付与されたドアエントリーガード、およびレザー仕上げヒーテッドGTマルチファンクション・スポーツステアリングホイールが標準装備された『ボクスター25イヤーズ』は6速マニュアル車が1226万円(税込)、7速PDK(ポルシェ・デュアルクラッチトランスミッション)搭載車は1281万2000円(税込)となっている。ハンドルは両モデルともに右ハンドルだ。

ポルシェ・ボクスター25イヤーズ(エクステリア:フロントビュー)
ポルシェ・ボクスター25イヤーズ(エクステリア:サイドビュー)
ツートンカラーの20インチ軽合金製ホイール
ポルシェ・ボクスター25イヤーズ(エクステリア:リヤビュー)
ポルシェ・ボクスター25イヤーズ(インテリア)
ポルシェ・ボクスター25イヤーズ(インテリア:インパネ)
ポルシェ・ボクスター25イヤーズ(インテリア:コクピット)
ポルシェ・ボクスター25イヤーズ(エクステリアカラー:GTシルバー・メタリック)