芸歴70年・草笛光子、コロナで痛感「体は使ってないと、すぐにダメになる」

©株式会社マイナビ

東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『その女、ジルバ』(毎週土曜23:40~)で超高齢熟女バーのママを演じる女優の草笛光子が、作品への思いや知られざる私生活などを語った。

池脇千鶴演じる40歳の笛吹新が、超高齢熟女BAR「OLD JACK&ROSE」で働き始めたことをきっかけに、どんな時代も明るくポジティブに生きてきた熟女ホステスたちに影響を受け、前向きに歩み始める同ドラマ。芸歴70年の大ベテラン・草笛は、「OLD JACK&ROSE」のくじらママを演じている。

――草笛さん演じるくじらママの印象を教えてください。

くじらママは、戦前戦後を生き抜いて、人生山あり谷あり生きてきた女性です。私と同じ境遇でもあるので、演じるうえではそうした部分を上手く出せたらと思っています。

――BAR「OLD JACK&ROSE」は熟女ホステスばかりの珍しいBARです。

このBARで働いているホステスさんはみんな高齢でして、その中でも私が一番高齢で、面白いと思ってお引き受けしました。ちなみに私は今、どこに行っても最高齢です(笑)

ホステス役の皆さんが、個性的な方ばかりで現場に行くのが楽しいんです。一人一人のキャラクターが際立っているので、私はママとして大きな心で温かく見守っていきたいですね。私は皆さんがキラキラと輝く姿を見ているのが一番楽しいです。

――くじらママを慕う常連客も多くいらっしゃいますね。

私、逆に伺いたいんです。このBARに来る男性って、どういう方が多いと思いますか?若い方には出せない会話を楽しみたいのか、母親みたいな存在に包まれたいのか?

ドラマをご覧になって「こんなBARがあるといいな」と思う男性がいらしたら、何を求められているのか、ぜひお伺いしてみたいですね。

――ゴージャスなドレス姿も素敵です。

そんなことないですよ。こんなことは言いたくないですけど、少々コロナ太りをしちゃいまして…。これではいけない!と思って、トレーニングを再開しました。

――普段からトレーニングなどはされていらっしゃいますか?

新型コロナウイルスが流行し始めてからは少し休んでいましたが、今は週に一度は自宅にトレーナーの方に来ていただいて、マンツーマンで教えてもらっています。トレーナーの方からマスク越しにげきが飛んできて、私はマスクをしながら「はい!」って言うものですから、苦しくて(苦笑)。トレーニング以外にも、普段からなるべく階段を使うように意識しています。

――健康の秘けつはありますか?

私は食べることが好きで、食事が楽しみのひとつなんです。朝ご飯を食べるとすぐに「夕食は何にする?」って聞くほど(笑)。お手伝いさんのお料理がとても上手で、あまり外に行かなくてもいいので助かっています。

「食事を美味しいと思う気持ちが健康の秘訣になる」とトレーナーの方から聞いたこともあります。どれだけ食べても美味しいと思う気持ちがないと栄養にならない。美味しいとか、食事を楽しみに待っていることが健康のためにもいいようで、心がけています。

――今も体を鍛えていらっしゃるのは、頭が下がります。

コロナ禍で教わったことは、“体は使ってないと、すぐにダメになる”ということ。それまではトレーニングもなんでもなくやってこられたのが、少しお休みしただけで体の調子が変わってきてしまって、とても嫌でした。美味しく食べて、ちゃんと動いていないと、体ってダメになっていくのだとつくづく思いました。

――今後のご活躍も楽しみです。

今後も人様のためになる作品に出演していきたいですし、人様のお役に立つ人間でなくてはいけないと思っています。そのために毎日が大事で「明日は仕事がないからダラダラしていていいわ」じゃダメ!仕事がない日でも早起きする、といった自分を律する気持ちが大事なの。私は億劫になっちゃうタイプなので、日々戦いです(笑)

――視聴者の皆さまにメッセージをお願いいたします。

BARは年齢の高いホステスが揃っていて、そこが物語のミソです(笑)。人生半ば過ぎてきた女性ばかりですから、必ず面白い話になると思って、私もこの集まりに入れていただきました。土曜の夜はどうぞうちのBARへお遊びにいらしてください。きっと面白いことが起こります。