BMW、新型のR1250GS/R1250GS AdventureにGS誕生40周年記念の特別カラーを設定して1月15日より発売

©株式会社サンズ

 BMWは1月7日、新型のツーリング・エンデューロ・モデル『BMW R1250GS』と『BMW R1250GS Adventure』を、国内のBMW Motorrad正規ディーラーにおいて、1月15日より販売を開始すると発表した。

 昨年に誕生40周年を迎えたBMWのGSモデルは、オフロード、ツーリング、アドベンチャーとオールマイティーな実力を発揮するバイクだ。今回発表された新型の『R1250GS』と『R1250GS Adventure』は数多くの新機能や装備品が採用されている。

2021年モデルのBMW R1250GS

 両モデルともにBMW伝統の1254ccの2気筒ボクサー・エンジンが搭載されており、最高出力は136馬力/7,750rpm、最大トルクは143Nm/6,250rpmを発揮する。また、吸気側のバルブ・タイミングとバルブ・リフトを調整するBMWシフトカム・テクノロジーの採用により、全回転域で優れたパワーを発揮し、スムーズで滑らかな作動と優れた燃費および排出ガス値を実現している。

 そしてダイナミック・トラクション・コントロール(DTC)が標準装備されているほか、ライディング・モードにはライダーへ可能な限り効率的なエコライディングへのサポートが行われるEcoモードが追加。さらに、高回転域での走行中やシフトダウンの際に、不安定な走行状態になることを安全に回避するダイナミック・エンジン・ブレーキ・コントロールも設定されている。

2021年モデルのBMW R1250GS Adventure

 ほかにBMWインテグラルABS Proや、坂道での発進や停車に便利なヒル・スタート・コントロールを標準装備し、坂道やあらゆる状況下での発進時の快適性をさらに大きく改善している。

 カラーバリエーションはR1250GSのみ『ライト・ホワイト』、R1250GS Adventureのみ『アイス・グレー』を採用しており、両モデルともに『ブラック・ストーム・メタリック/ブラック/アガット・グレー』、『ライト・ホワイト/レーシング・ブルー・メタリック/レーシング・レッド』と、GS誕生40周年を記念し、往年の名車R100GSにインスパイヤされたブラック&イエローの特別カラー40 years GS edition『ブラック・ストーム・メタリック』を設定している。

 メーカー希望小売価格(消費税込み)は以下の通りだ。
BMW R1250GS:219万2000円
BMW R1250GSプレミアム・スタンダード:265万6000円
BMW R1250GSプレミアム・ライン:265万6000円
BMW R1250GS Adventure:231万9000円
BMW R1250GS Adventureプレミアム・スタンダード:278万6000円
BMW R1250GS Adventureプレミアム・ライン:278万6000円

※R1250GS 40years GS editionは+254,000円、R1250GS Adventure 40years GS editionは+223,000円

2021年モデルのBMW R1250GS(ライト・ホワイト)
2021年モデルのBMW R1250GS(ブラック・ストーム・メタリック/ブラック/アガット・グレー)
2021年モデルのBMW R1250GS(ライト・ホワイト/レーシング・ブルー・メタリック/レーシング・レッド)
2021年モデルのBMW R1250GS(ブラック・ストーム・メタリック (ND2) 40周年記念仕様)
2021年モデルのBMW R1250GS Adventure(アイス・グレー)
2021年モデルのBMW R1250GS Adventure(ブラック・ストーム・メタリック/ブラック/アガット・グレー)
2021年モデルのBMW R1250GS Adventure(ライト・ホワイト/レーシング・ブルー・メタリック/レーシング・レッド)
2021年モデルのBMW R1250GS Adventure(ブラック・ストーム・メタリック (ND2) 40周年記念仕様)