MotoGP:3度の手術受けたマルク・マルケス、骨折個所の回復具合を病院で確認

©株式会社サンズ

 1月14日、レプソル・ホンダ・チームは12月3日に3度目となる右腕の手術を受けたマルク・マルケスが骨折個所の回復を確認するために病院を訪れて診断を受けたと発表した。

 マルケスは7月19日に開催された2020年MotoGP第2戦スペインGPの決勝で転倒を喫した際に、右上腕骨を骨折。7月21日に骨折部を固定する1度目の手術を受けたが、メディカルチェックを通過して第3戦アンダルシアGPの予選日の走行に挑んだものの決勝は欠場した。

MotoGP第3戦アンダルシアGPの出場を目指してヘレスに戻ったマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)

 8月3日には固定に使用したチタンプレートがダメージを受けていたことが判明したため、2度目の手術でプレートを交換。そしてシーズン終盤戦の出場を目指してリハビリ治療を継続した。

 しかし、治癒が遅れたため2020年の残りのレースも欠場することになった上に、12月3日に3度目の手術を受けることとなった。この手術は、折れた右上腕骨同士が癒合せず骨の再生が止まる偽関節の治療となり、腸骨の移植と新たなプレートの配置が行われた。

 そして術後6週間が経過した今回、スペインのマドリード市内にあるルーベル国際病院を訪問して回復具合についての診断を受けた。レントゲン写真では経過良好が確認されており、抗生物質治療を継続し、機能回復プログラムを実施するという。

2020年MotoGPカタール公式テスト:アレックス・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)

 2021年シーズンの復帰を目指すマルケスは、3月6日からカタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで行われるオフィシャルテストの走行を控えている。しかし、彼のSNSで投稿される画像では、腕を吊るサポーターを装着した姿が見られるため、バイクに乗るのはまだ近くはないだろう。