TOYOTA GAZOO Racing、ヤリスWRCの新カラーとル・マン・ハイパーカーを発表【東京オートサロン2021】

©株式会社MOTA

TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ ガズー レーシング)は2021年1月15日(金)、2021年FIA世界ラリー選手権(WRC)に参戦する「ヤリスWRC」の新しいカラーリングを発表。またあわせて、2021年シーズンFIA世界耐久選手権(WEC)に参戦するル・マン・ハイパーカー「GR010 HYBRID」も同時発表した。この2台は東京オートサロン2021のオンライン会場である「バーチャルオートサロン」にも出展される。

TOYOTA GAZOO Racing GR010 HYBRID

ヤリスWRC、サイドに「GR」をあしらった新カラーで幕開け!

2021年シーズン仕様のヤリスWRCは、WRC参戦で得た知見を活かして開発した「GRヤリス」のような、市販車と競技車両との強いつながりを示すGRの文字をコンセプトとする新しいカラーリングを備えている。

これまで出場したWRCイベントの3分の1以上にあたる17勝と、322回のステージ優勝を獲得してきたヤリスWRCで、チームは5年目のシーズンに臨む。なお2022年には新しいテクニカルレギュレーションが導入されるため、現行のヤリスWRCにとっては2021年が最後のシーズンとなる。

WRCの2021年シーズンは、1月21日から24日にかけてモナコおよびフランスで開催される、伝統のターマック(舗装路)イベント「ラリー・モンテカルロ」で幕を開ける予定だ。

680PSのハイパーカー「GR010 HYBRID」も発表

ワールドチャンピオン獲得、そしてル・マン3連覇を成し遂げたTOYOTA GAZOO Racingは、新たに始まるハイパーカーカテゴリーにおいても、レースの為のハイブリッド技術「RACING HYBRID」を搭載したGR010 HYBRIDで参戦する。

GR010 HYBRIDはル・マン・ハイパーカーレギュレーションに則ったプロトタイプカーで、ドイツ・ケルンのチーム本拠地のエンジニアと、日本の東富士研究所に本拠を置くハイブリッドパワートレーンチームが一体となり開発。

680PSを生み出す3.5リッターV6ツインターボエンジンで後輪を駆動し、4輪駆動のパフォーマンスを発揮させるべく、アイシンAWとDENSOが共同開発した272PSを生み出すモータージェネレーターユニット(MGU)をフロントアクスルに配置している。

なお、WEC2021年シーズンは3月19日のセブリング1000マイルを皮切りに、スパ6時間レース(5月1日)、シリーズのハイライトであるル・マン24時間レース(6月12~13日)の後、モンツァ(7月18日)、富士スピードウェイ(9月26日)そしてバーレーン(11月20日)と6時間レースが続く。

バーチャルオートサロン2021にも出展

バーチャルオートサロン2021 TOYOTA GAZOO Racingブース

上記2台に加え、トヨタ GRヤリスやGRスープラなど、話題のマシンを今回初めてオンラインで開催される「バーチャルオートサロン2021」にも出展する。