海自イージスと米空母が共同訓練

沖縄近海、周辺国けん制か

©一般社団法人共同通信社

沖縄県の沖大東島周辺を並んで航行する米空母「セオドア・ルーズベルト」(手前)や海自イージス艦「こんごう」(右から2隻目)など日米の艦艇=15日(海上幕僚監部提供)

 海上自衛隊は16日、沖縄県の沖大東島周辺で15日にイージス艦「こんごう」と護衛艦「あさひ」が、米海軍の原子力空母「セオドア・ルーズベルト」など艦艇3隻と共同訓練をしたと明らかにした。東シナ海から太平洋へ海洋進出を強める中国や、14日の軍事パレードで、新型とみられる潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を公開した北朝鮮をけん制する狙いがあるとみられる。

 米海軍は横須賀基地に原子力空母「ロナルド・レーガン」を配備している。海自の艦艇が、横須賀配備以外の米空母と日本近海で訓練するのは珍しい。海自は「訓練を通じ、地域の平和と安定に貢献していく」と説明している。