阪神大震災26年、異例の追悼

継承危機、緊急事態で行事中止も

©一般社団法人共同通信社

阪神大震災から26年となり、発生時刻で止まったままの大時計を囲み黙とうする人たち=17日午前5時46分、兵庫県西宮市

 6434人が犠牲となった1995年の阪神大震災は17日、発生から26年となった。新型コロナの感染が収まらず、兵庫県に緊急事態宣言が再発令された異例の状況。感染対策を重ねて開催にこぎ着けた追悼行事では、午前5時46分、集まった人々が互いに距離を取って黙とうした。短時間の滞在が呼び掛けられた会場もあった。

 県内では複数の追悼行事が中止や縮小に追い込まれ、参加を見送る遺族もいた。継承が危ぶまれる中、それぞれの場所で「あの日」に思いをはせた。

 神戸市中央区の公園では未明から「1.17のつどい」が開かれ、灯籠を並べて形作った「がんばろう」の文字が浮かび上がった。