鬼と一緒にコロナ退散 利根沼田で節分向け「柊セット」作り

©株式会社上毛新聞社

 例年より1日早い2月2日の節分を前に、魔よけとして玄関先などに飾る「柊(ひいらぎ)セット」作りが利根沼田地域でピークを迎えている。

 群馬県沼田市の塩野商店が農家に製作を依頼。今年は18軒が取り組んでおり、青木かほるさん(76)方では、ヒイラギの葉と乾燥させた枝豆の殻をわらで束ね、鬼の面を添えて袋に詰める作業が進む=写真。

 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。