医療機関公表は「最後の話」

加藤官房長官、感染症法改正

©一般社団法人共同通信社

記者会見する加藤官房長官=15日午前、首相官邸

 加藤勝信官房長官は17日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルスの感染者を受け入れる病床確保のため、国などの勧告に従わない医療機関を公表できるよう感染症法を改正する政府方針に理解を求めた。「法改正で議論している項目だが、いわゆる最後の最後の話だ」と述べた。現時点で医療機関の協力は得られているとの認識も示した。

 今夏の東京五輪・パラリンピック中止の可能性を伝えた海外メディア報道については「場所やスケジュールが決まっており、関係者が感染対策を含め準備に取り組んでいる」と語り、開催方針に変更はないと強調した。

この記事はいかがでしたか?