タカトシ苦笑…大喜利企画で「せいやが脱いだ」殺到

©株式会社東京スポーツ新聞社

ZOOMで漫才を披露したタカアンドトシ

お笑いコンビ「タカアンドトシ」(タカ=44、トシ=44)と「すゑひろがりず」(三島達矢=38、南條庄助=38)が17日、Zoomイベント「MANZAIで初笑い!ASAHI SUPER DRY オンライン新年会」に出席した。

同イベントは、ビールの利用価値を再発見し、特別な飲用体験を演出しようというデジタル企画。今回は両お笑いコンビに加え、一般人ユーザー約1000人も参加し、オンラインでの新年会となった。

乾杯の音頭を取ったのはすゑひろがりずだ。南條が鼓を持ちながら「みなさまのご健康とご多幸を記念いたしまして~」と切り出すと、三島が「チア~ズ!」と英語で乾杯。すかさず、トシが「欧米か!」というお約束のツッコミで笑いを誘った。

さまざまな企画が催されたイベントでは、アルコールも加わって終始笑いが絶えなかったが、「オンライン大喜利大会」ではこんな一幕も…。「オンライン新年会でハプニング発生! 何が起こった?」というお題が出されたところ、ユーザーからは「せいやが脱いだ」という回答が殺到。昨年6月に一部で報じられた「霜降り明星」のせいやが、一般女性とのオンライン飲み会で下半身を露出したという答えが相次いだのだ。

これにはさすがのトシも「やめてください、彼も猛省しているんで」と苦笑い。三島も「せいやが多いですねえ」としみじみとつぶやいていた。