共通テスト、理数データ分析多く

第1日程終了、コロナ対策徹底

©一般社団法人共同通信社

大学入学共通テストの2日目を終え、マスク姿で会場を後にする受験生ら=17日午後、札幌市の北海道大

 大学入試センター試験の後継となる初の大学入学共通テストは17日、全国の会場で2日目の理科と数学を実施し、第1日程を全て終えた。実社会で使われる統計データや実験結果を分析する設問を多数出題した。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、試験会場では引き続き感染防止策が徹底された。

 作問担当者は第1日程を振り返り「教科書で覚えた知識ではなく、その場で資料を理解し、答えにたどり着く思考力を重視した」と説明した。

 一斉休校で学習遅れがある現役生が対象で、第1日程の追試験も兼ねる第2日程は30、31日に行う。

 入試に利用する大学・短大などは計866校に上る。