愛知製鋼 ステンレス鋼15%増産へ 19年度比 インフラ需要を獲得

©株式会社中部経済新聞社

生産を増やすステンレス鋼

 愛知製鋼は、ステンレス鋼の生産能力を増強する。既存の生産設備の改善や改造により、2023年までに約1万トン増産し、19年度比15%増の年7万3千トン程度に引き上げるもよう。橋や各種の建築物といったインフラ分野などの需要増に対応する狙い。クルマの電動化や軽量化に伴い、将来的に主力の特殊鋼や鍛造品の大幅な伸びが見込めない中、ステンレス鋼などを軸にして持続的な成長を目指す。