財務相、感染対策と経済の両立を

財政演説、デジタル化推進

©一般社団法人共同通信社

衆院本会議で財政演説をする麻生財務相=18日午後

 麻生太郎財務相は18日、衆院本会議で財政演説し「雇用と事業を支えながら新型コロナウイルスの拡大を防止するとともに、経済構造の転換・好循環の実現を図る」として感染対策と経済を両立させる考えを示した。2021年度予算案でデジタル化や脱炭素化の推進にも取り組むと説明する。

 経済の現状は「依然として厳しい状況にある」とし、新型コロナで国内外の経済が悪化するリスクに十分注意する必要があると指摘。11都府県への緊急事態宣言の再発令については「予備費を含めた累次の補正予算、21年度予算の着実な執行により、適切に対応する」と述べるにとどめる。