櫻井翔『SNOWチャンネル』初回13%も酷評続出! 嵐メンバー新番組は全滅!?

©株式会社日本ジャーナル出版

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

1月16日から放送が始まった、櫻井翔の『1億3000万人のSHOWチャンネル』(日本テレビ系)。『嵐にしやがれ』(同系)の後番組として期待が寄せられていたが、視聴者の間では酷評が相次いでいるようだ。

同番組は、約1億3000万人の日本人が胸に秘めている「やってみたい」「見てみたい」、そして「見たくなる」企画を募集し、ひたすら実行していくというコンセプト。『嵐にしやがれ』とは全く異なる視聴者参加型のバラエティー番組だ。

オープニングで櫻井が番組の趣旨を紹介すると、『バイきんぐ』の小峠英二から「僕らとか、『ガンバレルーヤ』はどういう立ち位置になるんですかね?」と質問が投げかけられる。すると櫻井は、企画などにツッコミを入れる役回りだと説明。番組の軸は芸能人ではなく、あくまで企画がメインとなっているようだ。

初回ということもあり、この日は芸能人の持ち込み企画で番組が進行。女優・北川景子の持ち込み企画「二重跳びを2回以上跳びたい」や、櫻井の持ち込み企画「バック転ができるようになりたい」では、北川と櫻井がそれぞれの願望を叶えるべく、その道のプロから指導を受ける様子が放送された。

「初回切り」する視聴者が続出?

初回の平均世帯視聴率は13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、中々好調な滑り出し。しかしYouTubeでありそうな企画の検証や、『嵐にしやがれ』とかけ離れた番組構成に失望した人も多いようで、ネット上では、

《この番組、昨今のテレビのつまらなさの塊って感じでまじでイライラする》
《あまり面白くないから、毎週は観ないかな。授業受けてるみたい》
《つまらない。あの感じならジャニーズの若手や芸人さんを使って身体張るコーナーを増やした方が面白くなる》
《面白くない。バラエティーの新番組ってこんなもん? 来週からは見ないと思われる》
《なんかYouTubeみたいであまり面白くない。テレビにはテレビの良さがあるのに》
《『VS魂』といい『SHOWチャンネル』といい、嵐メンバーの新番組がことごとくつまらない》

などと、バッシングが巻き起こっている。

「嵐の活動休止後にさまざまな後番組が始まりましたが、今のところどれも評判が振るわない様子。『VS嵐』(フジテレビ系)の後番組『VS魂』は相葉雅紀がMCを務めており、企画の内容が変わっていないにも関わらず苦言が寄せられています。二宮和也がMCを務めている『二宮ん家』(フジテレビ系)も同様ですね。今まで人気があったのは、『嵐』というブランドの力が大きかったのかもしれません。今後は番組の企画にパンチがなければ、視聴者が離れていってしまうでしょう」(芸能ライター)

『嵐』の活動休止に伴い、新たな一歩を踏み出したメンバーたち。後番組には酷評が集まっているものの、スターとしての実力は十分にあるはず。これからの巻き返しに期待したい。

この記事はいかがでしたか?