ウイリアムズF1、ニッサニーとのテストドライバー契約を延長。プレシーズンテストにも起用

©株式会社サンズ

 ウイリアムズ・レーシングは、1月19日、ロイ・ニッサニーとの公式テストドライバー契約を2021年シーズンに向けて延長することを発表した。

 26歳イスラエル出身のニッサニーは、2020年にウイリアムズF1チームに加入、シミュレーター作業によりFW43の開発作業に携わるとともに、グランプリのフリープラクティス1に3回(スペイン、イタリア、バーレーン)出場した。また、最終戦後のアブダビ合同テストも担当している。ニッサニーは2020年、FIA-F2選手権にトライデントから参戦、ランキング19位だった。

 ニッサニーは2021年もウイリアムズの公式テストドライバーを務め、シーズン中、FP1に3回出場、開幕戦前の3日間のプレシーズンテストのうち1日を担当する。ファクトリーにおけるシミュレータープログラムは昨年よりも拡大する予定だということだ。

2020年アブダビF1テストでのロイ・ニッサニー(ウイリアムズFW43)

「ウイリアムズのメンバーとしてチームに残ることを光栄に思っている」とニッサニー。
「共に活動し始めて以来、僕らはたくさんの分野において大きな進歩を遂げた。FP1での作業に加え、ファクトリー等においても生産的な作業を行ってきた」

「チームのために全力を尽くして貢献するとともに、僕自身、ドライバーとしてのスキルと能力を高めていった。2021年もこの調子で続けていきたい」

 チーム代表サイモン・ロバーツは「ロイが昨年始めた有意義な作業をベースに、2021年にも引き続きチームの公式テストドライバーを務めることになり喜ばしい」とコメントしている。

「ロイはコース上および(ファクトリーである)グローブでのシミュレーター作業において貢献してくれた。その仕事に我々は非常に満足している。彼の貢献がFW43のラップタイムの向上につながった。ロイがドライバーとして成長したことも喜ばしい。今年もさらに成長していくものと確信している」