接種日程公表は承認後、官房長官

マイナンバーカード持参想定せず

©一般社団法人共同通信社

記者会見する加藤官房長官=20日午前、首相官邸

 加藤勝信官房長官は20日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチンを巡り、2月中旬を念頭に置く国内承認の後、具体的な接種の日程を公表する考えを明らかにした。「国民に責任を持って伝えるには、承認が少なくとも必要だ」と述べた。

 平井卓也デジタル改革担当相が意欲を示す接種記録とマイナンバーのひも付け管理について、接種時にマイナンバーカードを持参してもらうことは想定していないと説明した。自衛隊による接種支援に関しては「自治体側のニーズや状況を踏まえ、検討したい」と語った。