アルファロメオF1、新車発表会を2月にポーランドで実施。2021年型車は『C40』でなく『C41』か

©株式会社サンズ

 アルファロメオ・レーシングが2月22日にポーランドのワルシャワで2021年型F1マシン『C41』の発表会を行う予定であることが分かった。チームのタイトルスポンサー、PKNオーレンはポーランドの石油精製・元売り企業である。

 アルファロメオの2020年型マシンの名称は『C39』だったため、2021年型は『C40』になるのが自然だ。しかし、当初2021年に導入される予定だった新F1レギュレーション下のニューマシンにチームはすでに『C40』と名付けていた。その後、レギュレーション大幅変更が2022年に延期されたが、当面は新世代マシン名を『C40』に保ちつつ、2021年型を『C41』と呼ぶことに決めたようだ。2022年型を最終的に『C40』と呼ぶのか、他の名称をつけるのかは、今後検討される。

 チームは公式に発表を行っていないものの、関係者からの情報によると、発表会はポーランドで開催されることが決まっているという。ポーランド出身のロバート・クビサは、2020年に続いてチームのリザーブドライバーを務め、グランプリのフリープラクティス1に少なくとも昨年と同じ5回は出場することが予想される。 チームのレギュラードライバーは、2020年同様、キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィが務めることが決定している。

2020年にアルファロメオ・レーシングのリザーブドライバーに就任したロバート・クビサ

 コロナ禍でのコスト削減を目的とした規則で、2020年から2021年にかけてはマシンを大きく変更することができず、トークンシステムによって変更が厳しく制限される。アルファロメオはシャシーのフロント部を完全に設計し直すことを決め、メルセデスに倣い、『C41』には非常に細いノーズコーンが採用されることになるだろう。すでに2020年にはレーシングポイントとマクラーレンがこの方向性を選んでいる。

 このトレンドに従うアルファロメオは、ニューマシンのクラッシュテストに備えて入念な準備を行う必要がある。過去に細いノーズコーンを選んだ他チームが正面衝突テストに非常に苦労したためだ。クラッシュテストを受け直す場合、余分なコストがかかり、1台目のシャシーのためのパーツ製造に遅れが出ることになるため、アルファロメオは『C41』を一度でテストにパスさせるために現在必死で作業に取り組んでいるはずだ。このシャシーがワルシャワで披露されるまで、あと約5週間しかないのだ。

2020年F1第17戦アブダビGP キミ・ライコネン(アルファロメオ)

 多くのチームが2月後半以降にファクトリーからバーチャル発表会を行うことを計画している。アルファロメオが、ザウバーのファクトリーがあるスイスから遠く離れたポーランドで伝統的な発表会を開催することは、PKNオーレンとの契約がチームにとってどれほど重要であるかを示している。