モンテ通算7勝誇るオジエ「勝つためには賢くなければならない」/2021WRC第1戦モンテカルロ 事前コメント

©株式会社サンズ

 フランスとモナコの2カ国をまたぐかたちで、1月21~24日に開催されるWRC世界ラリー選手権2021年開幕戦モンテカルロに向け、Mスポーツ・フォード、ヒュンダイ、トヨタの3陣営から今戦に出場するドライバーたちの事前コメントが発表された。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて大幅にスケジュールが変更されて行われた2020年シーズンに引き続き、感染症対策を実施した上でに開催となる伝統のラリー・モンテカルロ。今季は名物のナイトステージが当局の夜間外出制限よって廃止された他、走行距離も大幅に短縮されている。

 一方、暖冬だった昨年とは対照的に、21年は積雪量が多くラリー・モンテカルロ特有の次々に変わる路面コンディションが選手たちを待ち受けることになりそうだ。また、各チームは開幕戦に向けて事前テストを実施し、今季から導入されるピレリタイヤと車両のマッチングを研究しているが、そのなかで最適解を見つけ出した陣営、ドライバーが伝統のラリーでウイナーとなる可能性がもっとも高いと言えるだろう。
 
 21日(木)から4日間にわたって行われるラリーはギャップに拠点が置かれ、初日はギャップ北側で2本のSSを走行し、翌日はサービスを挟みながら5本のステージで争われる。土曜日はSS3本を走行した後、200km以上離れたモナコへと移動。最終日はモナコ北西部に広がるフレンチアルプスを舞台に2ステージのループが待ち受ける。

 全14本のSSの走行距離は257.64km、リエゾン(移動区間)を含めたラリーの総走行距離は1392.88kmだ。

■Mスポーツ・フォードWRT

●ガス・グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC)

「ラリー・モンテカルロのようなイベントは他にはない。僕にとってはいつだって特別なイベントなんだ。ここで僕は初優勝(編注:2019年のWRC2プロクラス優勝)を果たした」

「シーズン中の他の場所にはないような挑戦を本当に楽しめるんだ。走行していて、これほど満足できるラリーは他にはない。ラリーに戻って、今年はモンテが何をもたらしてくれるのか見るのが待ちきれないよ!」

「でも、このイベントは正しく進めば報われるが、容赦のない結果になることもある。経験が大きく物を言う。だからテストを行なって経験を積めたのはよかった」

「走行距離を稼ぎ、コンディションと新しいピレリタイヤについてできる限り学んだよ。いつものように、これは大きな挑戦だ。でも僕はとても楽しみにしている」

Mスポーツ・フォードが走らせるフォード・フィエスタWRC 2021年仕様

●テーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)

「新シーズンのスタートを迎えるのは素晴らしいね。チームが僕を引き続き信頼してくれていることに大きな感謝を伝えたいよ」

「本番の前に数日間のテストができたのはよかった。知識と経験をできる限り増やすことに集中していた。コンディションとセットアップの両方についてだ。今年初めて使うことになるピレリタイヤについてもね」

「ミッコ(・マルックラ/新コドライバー)はテストに合流できなかったから、タッグを組むのは2018年以来のことになる。でも一度ラリーに出れば、すべてがよみがえると確信しているし、僕たちは最善を尽くすつもりだ」

「ラリー・モンテカルロでは何が起きても不思議ではない。あらゆるチャンスを最大限に活かし、可能な限り最高の結果を求めてプッシュしていくよ」

フォード・フィエスタWRC 2021年仕様 フロントを中心にエアロパーツのアップデートがみられる。

●エイドリアン・フルモー(フォード・フィエスタ・ラリー2)

「毎年、ラリー・モンテカルロは大きな挑戦を投げかけてくる。今年、この伝説的なイベントでふたたびシーズンをスタートできるのはすごいことだ」

「コンディションはつねにトリッキーで、今年もそれは変わらないと予想している。でもこうしたコンディションが素晴らしい展開を作り出すんだ。僕たちが今年そうした展開の一部になれることを期待しているよ!」

「僕たちはフォード・フィエスタ・ラリー2で、WRC2クラス優勝にあとほんの少しのところまで近づいた。僕たちには優勝するのに必要なものがすべてそろっている」

「そして、今週末にそれを達成できたら素晴らしいことだ。WRCのなかで、このラリーは事実上、僕のホームラウンドだからね」

■ヒュンダイ・シェル・モビスWRT

●ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)

「モンテカルロはシーズンを始めるにあたって、以前からトリッキーなイベントだ。主に僕たちが直面することになるコンディションのせいでね」

「これはターマックイベントだけれど、冬の間はブラックアイスバーン、雪、ぬかるみ、雨に見舞われることがあるのは確かだ。4種のタイヤ選択がある唯一のイベントのひとつだよ」

「これまでの2大会はチームにとって素晴らしいものになった。2019年は2秒差で優勝を逃したけれど、2020年に初優勝を飾ったんだ」

「マルティン(・ウィダーグ)が僕のコドライバーとなる初めてのイベントだ。僕たちふたりにとって、とても難しいイベントになるだろうけれど、万全の準備をするために懸命に取り組んでいるよ」

●オット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)

「モンテはつねに挑戦のひとつであり、それはおそらくシーズンのなかでも最大のものだ。1年の最初のイベントだからいつも余計に不安になり、緊張して、何が期待できるのか分からなくなる」

「天気はいつだって変わりやすく、さまざまなコンディションを一度に目にすることが予想される場所だ。僕たちの2020年最初のラリーがそうだったようにね」

「ここではこの2021年シーズンの先のことまで感触を掴む必要があるんだ」

ヒュンダイi20クーペWRC 2021仕様

●ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)

「僕にとってこのイベントは1年で、もっとも挑戦的なラリーのひとつだ。コンディションはすぐ変わってしまう。同じステージでも雪と氷とドライコンディションを経験することもあるんだ」

「賢明なタイヤ選択をすることと、グラベルクルーとウエザークルーから詳しい情報を得ることがつねに重要になってくる。「モンテカルロに取り組むのに必要なことは、周りにたくさんあるんだ」

「今回がカルロス(・デル・バリオ/コドライバー)との最後のラリーになるから、気分を上げて出発したいと思うよ」

■TOYOTA GAZOO Racing WRT

●セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)

「僕が1番勝ちたいラリーがモンテカルロであることは、誰もが知っていると思う。しかし、ステージのコンディションはつね難易度が高く、勝つためには賢くなければならないため、謙虚な気持ちで臨む必要があるんだ」

「今年に関しては、例年とは少し違う戦いになるだろう。僕は毎年、ラリーの現場でファンの皆さんの大きなサポートを受けてきた。今年、皆さんの姿が道端になかったとしても、テレビの前で応援してくれると信じているし、皆さんを喜ばせたいと思っている」

「昨年、ヤリスWRCで何戦かラリーを戦ったことで、今シーズンに向けての準備はできている。また、それが自信になっているんだ」

「ただし、今年は新しいタイヤに適応しなければならない。特にモンテカルロでは、他のイベントよりも多くの種類のタイヤを選ぶことができるのでなおさらだね。ベストなタイヤ戦略を立て、それを最大限に活用するのもまたラリーの面白い部分なので、楽しみにしているよ」

●エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)

「チーム加入初年度だった2020年はとても大きな手応えを感じた1年だったが、未知なる部分が少し残っていたのも事実だ。それから12カ月が経過した今、自分を取り巻く環境にも慣れてきたので、よりリラックスして1年をスタートすることができる」

「とはいえ、競争は常に激しく、改善を続けてさらに上を目指していかなければならない。今年のカレンダーには『勝てたらクールだろうな』と思える、注目の歴史的ベントが何戦かあるけれど、ラリー・モンテカルロもそのひとつだ」

「通常、ステージはとても良く、いつも運転を楽しんでいるけれど、コンディション次第ではかなり難しくなることもある。特に、暗闇の中雪や氷に覆われた道を走る時に、どれくらいグリップを得られるかを判断するのは本当に難しいね」

「新しいピレリタイヤを履いてのテストでは、まったく違うコンディションで2日間走ったが、ラリーで使えそうなさまざまなオプションを試すことができたので、良かったと思う」

2021年1月15日に初公開されたトヨタ・ヤリスWRC 2021仕様

●カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)

「今年はシーズンオフがとても短かったため、次のイベントに臨むような感覚があり、新しいシーズンが始まる感じがしないんだ。2020年は多くのことを学んだが、あまりにもシーズンが短く、このクルマで多くの距離を走ることができなかった。だから、今年はより長い距離を走り、フィーリングがさらに良くなっていくことを期待している」

「ラリー・モンテカルロは、カレンダーの中でもっとも難しいラリーだ。昨年よりも上を目指し、もう少しだけ攻めたいと思っているけれど、とてもミスをしやすいイベントなので、クリーンにラリーを戦って良い結果が得られることを願っている」

「ピレリタイヤを履いてのテストは、典型的なモンテカルロのコンディションだったので、とても興味深いものだった。ドライだけでなく雪や氷の路面も走ることができて、非常に良いフィーリングを掴むことができたんだ」