フレデリック・ベスティ、メルセデスF1のジュニアプログラム加入を正式発表。2021年はARTからFIA-F3参戦

©株式会社サンズ

 メルセデスは、デンマーク出身の若手ドライバー、フレデリック・ベスティをジュニアドライバープログラムに迎え、2021年はARTグランプリからFIA-F3に参戦する19歳のベスティを支援する。

 カートでレベルを上げたベスティはシングルシーターへ移り、F4へと昇格した。その後、2019年にはF3にフル参戦し、有力チームのプレマ・レーシングとともにフォーミュラ・リージョナル・ヨーロッパ選手権でタイトルを獲得した。

 2020年もベスティはプレマに残り、FIA-F3に参戦。3勝を挙げ、シーズンを総合4位で終えた。

「僕はメルセデスのジュニアドライバーになることを夢見ていて、そのために何年も懸命に努力してきた。その意欲が僕を毎日高めてくれた」とベスティはジュニアチーム加入について語った。

「世界でも最高のチームであるメルセデスと仕事をするということは、僕のキャリアの大きな後押しになる。今後、強力な関係を築いていくことを本当に楽しみにしている」

「僕はメルセデスのメンタリティと、勤勉な姿勢に敬服している。そのために彼らは大きく成功している」

「彼らはジュニアドライバーをとても慎重に選ぶ。だから僕はプログラムの一員になれたこと、そして彼らと仕事をしてドライバーとして成長することにとても興奮している。トトとチームが、僕と僕の将来を信頼してくれていることに感謝している」

2020年FIA-F3第9戦ムジェロ レース1 フレデリック・ベスティ(プレマ・レーシング)

 メルセデスF1チームのドライバー育成アドバイザーを務めるグウェン・ラグリュは次のように語っている。

「我々はフレッドの献身と熱心さを目にすることを望み、そしてそれに大きな敬意を払っている」

「彼がシングルシーターのデビューシーズンに近況を知らせてくれたことを覚えている。彼の進歩の詳細を知らせてくれ、我々はいつもありがたく受け止めている」

「2019年のフォーミュラ・リージョナル・ヨーロッパ選手権での彼は非常に印象強かったし、昨年のFIA-F3では高い一貫性があった」

「我々はメルセデスファミリーに彼を迎えることを喜ばしく思っており、今シーズン彼がFIA-F3でタイトルを賭けて戦うところを見るのを楽しみにしている」

 ARTグランプリは、すでにベスティとロシア出身で19歳のアレクサンダー・スモイヤーの起用を発表しており、この他にもう1名を加えた3人体制で2021年のF3を戦うことになる。