特集「美しすぎる名探偵たち~NEXTシャーロック・ホームズ~」から3作品を熱くご紹介したいっ!

©株式会社AXNジャパン

2021年2月のAXNミステリーでは、シャーロック・ホームズの魅力を受け継ぐ名探偵たちが活躍するドラマを集めた「美しすぎる名探偵たち~NEXTシャーロック・ホームズ」が放送!その中から、ロシア、中国制作の3作品の見どころをご紹介します。圧倒的映像美と洗練されたトリック、そして顔の良すぎる名探偵をご堪能ください。

『シャーロック・ホームズ ロシア外伝』(2020)

まずご紹介するのは、ロシア発のシャーロック・ホームズ最新作『シャーロック・ホームズ ロシア外伝』(2020)です。

© Start Studio LLC.

あらすじ

ロンドンを恐怖に陥れる連続殺人鬼、切り裂きジャック(ジャック・ザ・リッパー)。
私立探偵シャーロック・ホームズは、次々と残忍な方法で殺人を重ねていくリッパーを路地に追い詰めるも、切り裂き魔は相棒ワトソンに重傷を負わせ、またしても逃げおおせてしまう…。

なんとか持ち直したワトソンをレストレード警部に任せ、ホームズはリッパーを追って単身ロシアのサンクトペテルブルクへ。
残念ながらいくらホームズがイギリスきっての名探偵であっても、ここは異国の地。
「なんかよく知らないけどこのイギリス人すごい捜査に首突っ込んでくるじゃん」からスタートするロシア警察との心の距離。好感度はマイナススタートです。

頼れる相棒ワトソンはいまだロンドンの病院で療養中…。
彼に代わってホームズのパートナーを務めるのは、酒を手放せないやさぐれドクター、Dr.カルツェフ。
言葉の壁、警察との心の壁、そしてロシアの食文化の壁(内臓料理)を乗り越えて、ホームズは切り裂きジャックを捕まえることができるのか…⁉

© Start Studio LLC.

【シャーロキアンなら履修済み?】シャーロック・ホームズ vs 切り裂きジャック

さて、そんな感じで幕を開けるシャーロック・ホームズ in ロシア。

第1話~第2話では、ロンドンでの追走劇から一転、舞台をロシアに変えての二人の激しい対決が描かれます。
ロシアでも殺人を重ねていく切り裂きジャック。殺害現場にホームズへ宛てたメッセージすら残すほどに執着を見せる殺人鬼の正体を掴むことはできるのか…!

切り裂きジャックといえば、世界で最も有名な未解決事件といっても過言ではない恐ろしい連続殺人を引き起こした犯人として知られていますね。残忍な手口で次々と殺人を犯し、そしてロンドンの闇に人知れず消えていきました。犯人の正体はいまだ分かっていません。

切り裂きジャックがロンドンの人々を恐怖に陥れた1888年といえば、シャーロック・ホームズの活躍時期ともまさに重なっており、これまでも数多くの作品でその対決が描かれてきました。

コナン・ドイル自身が書いているわけではないので、いわゆる【パスティーシュ】と呼ばれるものですが、もう「シャーロック・ホームズ vs 切り裂きジャック」そのものが一つのジャンルとして確立してるんじゃないか?というぐらいたくさんありますね。気になる方はぜひ検索してみてください。

© Start Studio LLC.

【振り回されてるだけじゃないぞ!】ロシア人の相棒Dr.カルツェフ

ホームズのロシア生活をサポートしてくれるのは、貧民街の人々を相手に診療所を開いているカルツェフ医師。
宿なしのホームズを自分の下宿先に住まわせてくれたり、危険な捜査に同行してホームズのピンチを救ってくれたりとワトソン氏に負けない頼りになる存在です。

とはいえ、彼はワトソンほどに振り回されてばかりでもありません。
あくまでも助手ではなくパートナーですよ、というスタンスを貫き、ホームズのためにパイプは持ち歩かないし、カルツェフが馬車を呼ぶのは自分のためです。

文句を言いながらも世話を焼いてくれるワトソンと比べると、どちらかといえば男友達のようなざっくりした間柄のカルツェフ。
相棒の組み合わせが変わるとここまで変わるか、というぐらいに新たなホームズの一面が垣間見えるエピソードも多く、すでにホームズ作品をある程度知ってるよという方もかなり楽しめると思います。

© Start Studio LLC.

【やっぱりロシアでも美女と遭遇!】ミステリアスなソフィヤとの関係…?

シャーロック・ホームズと言えば、やはり女性関係のエピソードも興味深いですね。
アイリーン・アドラーさながらのミステリアスな美女、もちろんロシアにも登場します。

切り裂きジャックを追うホームズに協力的な姿勢を見せるソフィヤ。
しかし、その正体は謎に包まれており、ホームズ、そして見ている我々をも惑わせてきます。
この二人くっつくのか、くっつかないのか?ホームズはまたしても美女にしてやられてしまうのか?

そんなやきもきをぜひ、本作でも味わってください。

© Start Studio LLC.

『貴公子探偵ニコライ』(2020)

続いてご紹介するのは、『貴公子探偵ニコライ』(2020)です。

© NTV 2020

あらすじ

舞台は19世紀のロシア・サンクトペテルブルク。

裕福な叔母と共に何不自由なく暮らしていた若き公爵ニコライ・ベズゾノフは、たまたま街を歩いていた時になにかの行き違いから警察に殺人事件の容疑者として誤認逮捕されてしまう。
警察署で連続殺人事件のことを耳にした彼は、心配して駆けつけた叔母によって檻の中から救い出された後も、好奇心の赴くままに独自の捜査を始めることに。

すべては自分にかけられた疑いを晴らすためであり、事件の真相を解明するためでもあります。

3つの学位を修め、5か国語を使いこなす秀才のニコライは、世界各国の文献を読んで得た知識と持ち前の観察眼をもって、難事件の解決に挑むのですが、その熱意は警察署長も思わず頭を抱えるほどで…?

© NTV 2020

モラトリアムを謳歌する好奇心旺盛なニコライが魅力的

本作の魅力は何といっても主人公ニコライのフレッシュなキャラクターですね。
シャーロック・ホームズといえば、どこか遁世的で、世の中の闇を見つめすぎたゆえの哀愁漂うイメージで描かれることが多い気がしますが、本作のニコライは正反対。

好奇心旺盛で人懐っこく、何か言われてもめげない前向きな性格の青年として描かれています。
愛情深い叔母と豪華な邸宅に暮らし、暇を持て余した友人たちと集まっては、狩りをしたり、夜に馬車で街に繰り出したり…年相応のはしゃぎっぷりも見せてくれます。

また、若くハンサムなニコライですが、女性に慣れている…というわけではないようで。
捜査の一環で赴いた売春宿では自慢の頭の冴えも発揮できずにうろたえたりと、なかなかピュアな一面が垣間見えるシーンもあります。
「ミステリーにリア充は不要だぜ」という方にはピッタリの探偵と言えますね。

© NTV 2020

ニコライを取り巻くそのほかの登場人物もまとめて面白い

才能豊かで貴族としての身分を持つニコライは、なろうと思えば何者にでもなれるし、そのために必要なサポートも十分に得られるはず。
それでも彼が熱意を持ってのめり込んだのは、偶然巻き込まれただけの殺人事件の捜査でした。

第3話以降では、研修生として警察署で働くことになるのですが、貴族特権で警察署の檻を自由に出たり入ったりするニコライに青筋立てていたベテラン刑事シュキンとコンビを組むことに。
このシュキンが、少しずつニコライに一目置き始め、彼がいないと警察署が物足りない…と感じるほどに絆されてゆく関係性も見どころです。

実は、まずい時にまずい場所に居合わせたり、まずいものを触ったりしてニコライは何度も警察のご厄介になるのですが、その度に嫌な顔一つ見せずに迎えに来てくれる叔母さんの愛と力を感じるシーンも(笑)。この辺はなんだか浅見光彦っぽさもありますね。

© NTV 2020

『紳士探偵L 魔都・上海の事件録』(2019)

最後にご紹介するのは、中国発のミステリードラマ『紳士探偵L 魔都・上海の事件録』(2019)です。

© Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

あらすじ

舞台は1930年代。世界の流行の中心地として栄華を極めた上海の租界(外国人居留地)に、新人刑事としてやってきたシャオマン。
警察学校を優秀な成績で卒業し、異例の女性警官として配属された彼女の最初の仕事は、なんと警察の特別顧問として捜査協力するおしゃれな男の相棒を務めることだった…⁉

卓越した犯罪捜査の知識と鋭い観察眼、そして抜群の行動力と推理力を持ち合わせた探偵ルオ・フェイと、一人では捜査させてもらえない彼のために相棒に選ばれたシャオマンは、発展を続ける魔都・上海で巻き起こる複雑怪奇な事件の数々を解決できるのか…?!

© Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

ホームズファンにはニヤリ、なシーンも豊富です

まさに中国版シャーロック・ホームズと呼べる本作。

第1話からすでに、ホームズファンならニヤリのポイントが満載です。

警察学校を卒業し、大都会・上海へとやってきたシャオマンの下宿先はチャイナドレスの似合うミステリアスな大家さんが経営する豪華なアパート。こんなに広くて、便利な立地にあるのになんで家賃は安く、入居者も少ないのか…?と首をかしげていれば、実はシャオマンの部屋は事故物件。しかも現場検証の跡(あの白い線で遺体の場所を囲うアレです)すら片付いていない状態。

さらにお向かいの部屋からは何やら不審な物音が聞こえ、あまつさえ銃声まで…。
一体どんな人物が住んでいるのかと思えば、相棒だったという(笑)。

同じ屋根の下で暮らす探偵とその助手、下宿先の大家さんは謎の多い女性…という、どこかの221Bを彷彿とさせるシーンです。

さらにルオ・フェイがシャオマンの素性や家族構成を初見で言い当てるシーンは、まさにホームズとワトソンの初対面をイメージさせます。

© Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

ボーイッシュなシャオマン=女性版ワトソン?

ルオ・フェイの相棒を務めるシャオマンも、個人的にはかなり推せるキャラクターです。
この頃の上海といえば、ちょうどチャイナドレスが流行していた時代だそうで、ドラマに登場する女性の多くもきらびやかでセクシーな出で立ちで描かれています。

一方、車のトランクだろうが、雑木林だろうがルオ・フェイの行くところにお供するシャオマンのファッションはいたってボーイッシュ。ヴィクトリア朝時代のロンドンの少年のようなパンツスタイルでどこでも走って行きます。

これがまた可愛い!映画さながらのアクションシーンもたくさん楽しめる本作ですが、シャオマン演じるヨウ・ジンルーが圧巻の格闘シーンを披露する場面もありますので、女性版ワトソンがバリバリ活躍する作品が観たい方にもオススメしたい作品です。

同じく女性版ワトソンが大活躍の『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』が刺さった方はかなりハマるのではないでしょうか?

© Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

最後に

長くなりましたが、ここまでお読みいただき、ありがとうございます!

「なるほどこの探偵たち、確かに美しすぎるぜ…!」ということだけでも分かっていただければ幸いですが、ミステリー作品としても上質な作品ばかりです。

かなり趣向を凝らしたトリックもありますし、登場人物たちのセリフや表情にも罠があったり、まんまとミスリードに誘われる素敵な罠がいっぱいです。
それすらも楽しいと思えるほどに一話が濃厚なので、ぜひミステリードラマの世界に首まで浸かっているディープな方も、これが入口というライトな方も楽しんでいただけると思います。

現在も世界中で親しまれているシャーロック・ホームズですが、本国イギリス以外でも、続々と素晴らしい作品が作られてるぞ!ということが分かって個人的にもとてもうれしいです。

今回の記事では、AXNミステリー特集「美しすぎる探偵たち~NEXTシャーロック・ホームズ」より、『シャーロック・ホームズ ロシア外伝』『貴公子探偵ニコライ』『紳士探偵L 魔都・上海の事件録』の3作品の見どころをご紹介しました。

少しでも、作品に興味を持っていただけたら幸いです。
目の保養、気分転換、なんか頭が良くなった気がするなど様々な効果が見込ますので、ぜひ。

© Start Studio LLC.

放送情報

2月のAXNミステリ―では、シャーロック・ホームズさながらの優れた推理を披露し、おまけに見目麗しい名探偵たちが大活躍のミステリードラマを大特集!

「美しすぎる名探偵たち~NEXTシャーロック・ホームズ~」

★『シャーロック・ホームズ ロシア外伝』(全8話)
  字幕版:2月14日(日)4:00pm

★『貴公子探偵ニコライ』(全6話)
  字幕版:2月21日(日)4:00pm

★『紳士探偵L 魔都・上海の事件録』(全24話)
  字幕版:2月15日(月)スタート 毎週月曜~金曜10:00pm

★『半七捕物帳 尾上菊五郎版』(全26話)
  日本語:2月6日(土)スタート 連日6:30am

★『シャーロック・ホームズの冒険』(全41話)
  二カ国語版:2月26日(金)スタート 毎週月曜~金曜10:00pm

★『SHERLOCK シャーロック』(シーズン1~4)
  字幕版:2月25日(木)スタート 毎週木曜8:00pm

こちらの動画もあわせてどうぞ!

AXNミステリー公式HP

おすすめ 2月放送 AXNミステリー